アルトネリコ2考察メニュー

  •  クリックで開閉 →   OPEN

かうんた~

ブログ内検索

 

プロフィール

dony

Author:dony
何処かに生息している珍獣です。

カテゴリ

最近の記事・コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。 banner
バナーご希望の方はこちら↑

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2010
© 2010 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2007
© 2007 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ・アトリエシリーズ」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2006
© 2006 NBGI

ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

ガストゲームズサポーターズリンク「ロロナのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

グリオットの眠り姫
導きのハーモニー
□■ アルトネリコサーチ ■□
無料オンラインRPG「シルクロードオンライン」
© 2005 JOYMAX All Rights Reserved.
© 2005 GAMEON.CO.,LTD.

飛天online
©2003-2006 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania
Digital Entertainment Co., Ltd.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『液ようかん』を作ってみよう~

dony『…で、いきなりこれなのか?』
空猫『あら、ようかんを液状にするだけだから味は大丈夫だろう、とか言ってたのは誰?』
dony『確かにそうは言ったが…うーん』
ルカ『大丈夫だよっ! これはほんとに自信作なんだから!』
dony『…ルカがそう言うと、余計に不安になってくるよ』
ルカ『出来たのを食べてみればわかるよ。よーし…』
dony『待て! ようかんを丸ごとミキサーにかけようとするな!』
空猫『先輩? まずは材料の説明からだから、ね?』
ルカ『…はぁい』

■材料(4~5人前)  ※画像はクリックで拡大
ようかん … 約1/2さお  水 … 200cc
ようかん(約1/2さお)ようかんとお湯の入ったポット

dony『…材料って、これだけか?』
空猫『そうよ。ようかんに水足してミキサーにかけるだけだもの』
ルカ『物足りなさそうだったら、私がいろんなもの追加してみてもいいよ』
dony『…いや、このままでいい。ところでこれってポットだろ? 水っていうか、お湯じゃないのか?』
ルカ『うん、そうだよ。そろそろ寒くなってきたから、ホットにしてみようかなぁと思って』
空猫『先輩、ナイスアイデアね!』
dony『…混ぜてる間にぬるくならないか?』
ルカ『いいの! もう今回は「ホット液ようかん」に決めたんだから!』
dony『わ、わかったよ。…って、あれ? このようかん…賞味期限切れてるぞ?』
空猫『ええ。1ヶ月半くらい前に切れてるわ』
dony『ものすごく不安になってきたんだが…大丈夫なのか?』
空猫『賞味期限なんてあってないようなものよ。保存状態もバッチリだし。ほら、ちょっと食べてみて?』
dony『……。まあ、問題はなさそうだな…』
空猫『でしょ? それにほら、老舗の和菓子屋さんだって、賞味期限偽って商品売ってたりしたし…』
dony『いや、あれは問題になってただろ』
空猫『そうだったかしら?』
dony『まさか、ボンベルタンでも…』
空猫『そんなわけないわよ! お客様に出す料理に賞味期限切れた材料使うわけないじゃない!』
dony『じゃあ、これはなんだ?』
空猫『有効利用してるだけよ』
dony『調合しに来る客はお客様じゃないのかよ…』
ルカ『ま、まぁまぁ…ほら、今回はホットだから、ちょっとくらいなら大丈夫だよっ!』
空猫『さすが先輩! そこまで考えてたのね!』
ルカ『もちろんだよっ!』
dony『わかった。参った。降参だ。』
ルカ『じゃあ、さっそく作ってみるよ~』

調合中…
切る前のようかんです適度な大きさのブロック状に切りまして…お湯を足して、ミキサーにかければ…
空猫『出来上がりよ。美味しそうね』

dony『作業工程の説明はなしか?』
空猫『ちゃんと画像の上にカーソル乗せたら出るようにしてるから平気よ』
dony『…本当だ。しかしこれでもかってくらい簡潔な説明だな』
空猫『…これ以上何を説明したらいいか、わからないわ』
dony『それもそうか』
ルカ『ちなみに、ミキサーは10秒間かけてみたよ』
空猫『5秒で止めたら、少し固形が残る状態になるわね』
ルカ『じゃあ、さっそく試食タイム~! はい、どうぞ』
dony『俺からか!? …まぁ、なんとなくわかってはいたが…』
ホット液ようかんホット液ようかんとお茶ホット液ようかん in うさカップ
dony『甘っ!!
空猫『そう? 甘くて美味しいわよ』
ルカ『うんうん、美味しいよ~』
空猫『疲れが吹き飛ぶわね! これなら何杯でもおかわりできちゃう!』
ルカ『…それは、太っちゃうよ?』
dony『…毎回言うが、体にも悪そうだぞ』
空猫『でも、そうね、これに白玉入れたらもっと美味しいんじゃないかしら』
ルカ『あ、それはいいかも~♪ でも、くるるくだんごは入れちゃだめだよ』
dony『あれは、おでんの具材だろう…』
空猫『ということは、これっておしるこに近いのかもしれないわね』
dony『そういえばそうだな』
ルカ『黒糖入りのようかんで作ったから、ちょっと違う味になってるけどね』
dony『しかし、一応飲み物なのに、お茶が欲しくなるというのは何かが間違ってる気がするんだが』
ルカ『んー、そんなことないと思うけどなぁ』
dony『まあ…予想してたのよりは美味しかったのは認めるよ』
ルカ『でしょ?』
dony『俺にはちょっと甘すぎるけどな』
空猫『そうだ、夏だったら、冷たい水に氷も混ぜて作れば、また違った食感が楽しめるかもしれないわね』
ルカ『あ、それもいいかも~!』
dony『ああ、シェイクっぽいのが出来るかもしれないな』
完食~ごちそうさまでした
dony『ごちそうさまでした』
ルカ『ごちそうさまでしたっ』
空猫『ごちそうさまでした~』

空猫『それで、次回は何を作るの?』
dony『…あるのか? 次回』
空猫『当然よ! …で、やっぱり、アレ?』
dony『……アレはいろんな意味でまずい気がするんだが』
ルカ『あれって…もしかして、シャロン・ド・トロワ?』
dony『それは、ルカにしか作れないから無理だ』
ルカ『え、簡単だよ? ほら、お魚をこうやって…』
dony『実演はしなくていい!』
空猫『まあとにかく、何か作る気になったらいつでもきてね』
ルカ『うんっ!』
dony『頭痛くなってきた…』

-続く?-

BGM:マイペースで行こう

ボンベルタン がお~ぶろぐ。支店 メニューに戻る
メニュー(トップページ)に戻る

トルーリーワース汁?

空猫『第2回ね』
dony『…そうだな』
空猫『それで、今回はこれにするのね?』
dony『ああ。前回いきなり液ようかんだったからな。基本に返ってみようと思う』
ルカ『私の得意料理だねっ!』
dony(…まぁ、これなら俺と空猫が全力でサポートすれば、きっと大丈夫だろう)

ルカ『ところで、前回言ってた「アレ」って、これ?』
dony『いや、これじゃない。というか第2回からあんなものに挑戦してたら、こっちの身が持たない』
空猫『あら、私は楽しみにしてるんだけど?』
dony『勘弁してくれ…。それはそうと、尺も少ないからさっそく始めたいんだが』
空猫『わかったわ。じゃあまず、材料の説明からね』

■材料(5~6人前)  ※画像はクリックで拡大。カーソルをのせると説明もでます
鯛のあら(1パック) ネギ(1本) 豆腐(1丁) 乾燥ワカメ(適量)
昆布(一切れ) 味噌(適量) 水(適量) 塩(少々)

鯛のあら(1パック)ネギ、豆腐、ワカメ、昆布、味噌

dony『待て、ワカメはまあいいとして、味噌と水が「適量」なのはなんでだ』
空猫『目分量よ。そこは私がサポートするから心配しないで』
dony『サポート…できるのか?』
空猫『失礼ね! 前にも言ったけど、お湯に味噌を溶かすのだけは得意なのよ?』
dony『…やっぱり不安だ』
ルカ『ねえ、お鍋にお湯湧いたよー? 味噌ってこれ全部入れればいいのかな』
dony『待て! 違う! それ全部入れたら明らかに濃すぎるだろ!』
空猫『撮影に使っただけよ、先輩。あ、ネギも2,3本写ってるけど1本もあれば十分だからね』
dony『それに、まずは下ごしらえからだ。こうやって鯛のウロコを落とさないとな』
ウロコ取り
ルカ『そうなの? そんなことしたことないよ?』
dony『…今までどうしてたんだ?』
ルカ『えっと、魚を切ったら、そのままお鍋に入れてたよ。頭と骨だけ』
dony『…使う部分の話はおいといて…それじゃウロコはついたままだし、生臭くなっちゃうだろ…』
ルカ『えー、でもこれ面倒だよぅー』
dony『料理はその一手間が大事なんだぞ。ルカもそういう基本から覚えたほうがいいと思うぞ』
ルカ『うぅ、そうなのかなぁ…』
dony『ところで、空猫。この横に置いてある大根の先っちょの切れ端は何に使うんだ?』
空猫『ああ、それね。包丁でやるとウロコが飛びやすいから、大根を使うって聞いて用意してみたんだけど…』
dony『…うーん、でもちょっとやりづらいな。やっぱり包丁でやるよ』
空猫『そう? せっかく用意したのに…』
ルカ『…ねぇ、私、やることないよ?』
空猫『それじゃ、先輩にはネギと豆腐を切ってもらおうかしら』
ルカ『わかったよっ!』

………

dony『よし、そんなこと言ってるうちにウロコが取れたぞ』
空猫『じゃあ、軽く塩をふってから数分おいてなじませてね』
dony『了解だ』
空猫『そのあとさっと湯通しして、表面が白くなったらすぐに冷水につけてよく洗うのよ』
さっと湯通しする(表面が白くなる程度に。その様子から「霜降り」と言うそうです)湯からあげたら、すぐに水洗い

ここでちょっと注釈。
出来上がってから祖母に聞いたのですが、先に湯通しして冷水につけてからのほうがウロコが取りやすいそうです。
ただしその場合、皮は崩れやすくなるので注意、だとか。
そして大根を使うのは腹の部分だけで、あらの部分などの細かい所はやっぱり包丁を使ったほうがいいそうな。

また、湯通しする代わりにお湯を直接かけたりなど、調理法は様々あるようです。
料理の本を見たり、作り方が載っているサイトを探したりして、自分に合ったやり方を見つけてください。

空猫『さあ、ここまできたら、あとはそう難しくないわ』
dony『そうだな。味噌汁を作る要領だよな』
ルカ『ネギと豆腐も切れたよっ!』
ネギはナナメ切りに豆腐はお好みで適度な大きさに
空猫『いい感じね! それじゃまず、昆布でダシをとって…』
ルカ『あ、空猫、お水と味噌の量は?』
空猫『そうだったわね。えっと、こんなものかしら』
鍋に水を入れ、昆布でダシを取る(ダシの素でもOKです)味噌をこしながら湯に溶かします味見しながら調節するか、レシピを自力調達してください!(投げやり)
空猫『それじゃあ、鯛のあら、ネギ、豆腐の順番で入れていってね』
鯛のあら投入ネギと豆腐も投入
ルカ『乾燥ワカメはどうするの?』
dony『ああ、それはこっちで水につけて戻しておくんだ』
空猫『あ、先輩、あまり煮立たせないようにね』
ルカ『えっ? これから1時間くらいグツグツ煮るんじゃないの?』
dony『…煮込み料理じゃないんだから…』
ルカ『そっか。…えへへ、間違えただけだよ』
dony『…本当か?』 空猫『…本当かしら』
ルカ『もう! どうしてそこでハモるのよー!』
dony『と、とにかく。こんなもんでいいだろう。できたぞ』
ルカ『あ、じゃあ盛り付けは私がやるねっ!』
dony『ああ、それは…いや、そうだな。任せるよ』
空猫『ここは、お任せよね』

トルーリーワース汁? 1トルーリーワース汁? 2トルーリーワース汁? 3
空猫『出来上がりよ。美味しそうね』

dony『…さすがだな』
空猫『えぇ、さすがね』
ルカ『え、なになに? もしかして、そんなに私の盛り付け方が良かった?』
dony『ある意味、才能だよな』
空猫『本当に、そうよね』
ルカ『なんだかちょっとだけひっかかるけど…まぁいっか。2人とも、食べよ~!』
空猫『そうね。そうしましょう!』


dony『うん、美味いな』
ルカ『ほんとだ~。美味しいね~。小さくて透明で、丸くて硬い邪魔なのも浮いてないし』
dony『…だから、それがウロコだ…』
空猫『まぁ…これってつまり、あれだものね』
dony『ああ、中身はただの「鯛のあら汁」だからな』
空猫『ようするに、あら汁をレシピどおりに作って、盛り付け方をグロ…っと、ゲフンゲフン!』
ルカ『…空猫、何言おうとしたの?』
空猫『も、盛り付け方を、凝ればいいのよね!』
dony『…ある意味間違ってはいないな。むしろそのためにワカメを用意したからな』
空猫『私からすれば、普通に美味しいものが完成しちゃって面白くないんだけどね』
dony『頼む。完食するほうの身にもなってくれ』
空猫『まぁ、今回はわかりきってたからいいんだけどね。次回はもっと凄いものに挑戦しましょうね!』
ルカ『前回言ってた「アレ」を作るの? 「アレ」ってなんだかよくわかんないけど…』
dony『万が一、作らなきゃならない状況になったら教えるよ…』
空猫『次回が楽しみね!』
dony『待て、まだ作るとは言ってないぞ!』
ルカ『期待してるからねっ!』
dony『…善処するよ』

-続く!-

おまけ
タネ明かし
上げ底だったり…w

ボンベルタン がお~ぶろぐ。支店 メニューに戻る
メニュー(トップページ)に戻る

ヤキトリシェイク…

ルカ『お料理コーナー第3回だよっ!』
dony『…ああ』
空猫『とうとうきたわね、「アレ」が!』
dony『……ああ』
ルカ『あれ~? どうしてそんなに空返事ばっかりなのかな~?』
空猫『あんまり乗り気じゃなさそうね』
dony『当たり前だろ…。最終的に全部食べることになるのは絶対俺だからな』
ルカ『でも、もう材料買ってきちゃったし』
dony『…なあ、どうしても作らないとダメか?』
ルカ『ダーメ!』
空猫『それじゃ、さっそく材料の説明から行くわよ!』
dony(罰ゲーム、決定か…)

■材料(2人前)  ※画像はクリックで拡大。カーソルをのせると説明もでます
いろんな鶏肉、ネギ、軟骨、塩 (塩焼きの焼き鳥 : もも かわ ねぎま ナンコツ 各1本)
長いも(1/3本) トリガラスープの素(1袋) 水(400cc) ※水の量はスープの素に合わせてください
ヤキトリ数本、長いも、トリガラスープの素

ルカ『あれ? この長いもとスープの素は何?』
dony『…苦肉の策だ(本当に油でギトギトにされたらたまらないからな…)』
ルカ『私、こんなの入れてないよ?』
dony『飲むのは俺なんだから、せめてアレンジくらいさせてくれ。頼む』
空猫『まあ、いいんじゃないかしら? だって、本来はこれ、材料にとろとろむらむ…』
dony『せっかくそれに触れることなく始めようとしていた俺の努力を無駄にしないでくれ』
空猫『それで、どんないやらしいドリンクを作るの?』
dony『…やっぱり、作るのやめていいか?』
空猫『ダメよ。それにこれ、「魅惑のドリンク」のレシピなんだから、とろろくらい入っててもおかしくないわ』
dony『そういえば、そんなレシピ名だったな』

……

dony『よし、じゃあ覚悟を決めて作るぞ。ルカはまずスープの素をお湯に溶かしてくれ』
ルカ『えー、それだけ?』
dony『その間に俺はこのヤキトリをみじん切りにする。空猫は長いもを頼む』
空猫『いいけど…ミキサー、使わないの?』
dony『水分がないとうまく回らないだろうし、水分を入れたら入れたで細かくなりすぎるだろうし…』
空猫『…まぁ、そうね』
dony『それに、何より明日からこのミキサーで作ったフレッシュジュースやバナナ豆乳を飲めなくなりそうだからダメだ』
空猫『それが本音なのね』
ルカ『でも、それだと違う料理になっちゃわないかな?』
dony『結果的に細かくなってれば同じだろう。シェイクだからミキサーを使わなきゃいけないなんて決まりもないしな』
空猫『確かにそういう考え方もあるわね』
dony『あ、ルカ。混ぜたら弱火にして保温しておいてもらえばいいからな。間違っても煮詰めちゃダメだぞ』
ルカ『いくら私だって毎回同じ間違いはしないよぅ…もう…』
トリガラスープを温めますヤキトリをみじん切りにします長いもをすりおろします

dony『よし、あとは…』
空猫『混ぜるだけね』
dony『どうしようか。ヤキトリを底に入れてとろろをかけてからスープを入れるか、スープを入れてからとろろをかけるか…』
ルカ『両方やってみればいいんじゃないかな?』
dony『そうだな。ちょうど2杯分くらいになりそうだし(って、2杯もあるのかよ…)』
コップにヤキトリのみじん切り投入…
調合中…
左:ヤキトリのみ 右:上からとろろ
dony『よし、左がヤキトリのみ。右はそれにとろろをかけた』
ルカ『じゃあ、スープ投入~!』
見事に3層に…
dony『…』  空猫『…』
空猫『見事に、3層になったわね』
dony『とろろ恐るべし、だな』
ルカ『じゃあ、もう片方にもとろろ入れちゃうね』
フラッシュたいて撮ると、妖しさ抜群
dony『なんか、妖しさ全開なんだが…』
空猫『でも、見た目はほぼ完璧に再現されてるわよ。ほら。』
左に注目。このドロドロ感は…
dony『まぁ、油ギトギトまでは再現されなかったから、いいか…』
空猫『ギトギトではないけど、スープにも油入ってるし、ヤキトリからも出てるし、油分が多いことに変わりはないわね』
dony『これでも、体に悪そうだ。本物は…想像しないほうがいいな、うん』
ルカ『ところで、こっちの分離してるのはどうするの?』
空猫『どうしようかしら』
ルカ『いいや、混ぜちゃえ。えい』
dony『!?』
ストローでとろろの層に穴を
ルカ『ヤキトリとスープの、感動の出会いだよ』
dony『なんだこれ…』
空猫『でも、こっちのほうが「シェイク」らしいかもしれないわね』
フラッシュたくと、こうなります
dony『もう、妖しいどころの話じゃないぞ、これ。得体の知れない何かだ』
空猫『まあ、とにかく…』

ストロー挿せば、完成! …してしまった。ヤキトリシェイク
空猫『出来上がりよ。美味しそうね』

dony『美味しそうだと思うなら、飲んでくれよ』
空猫『決め台詞みたいなものよ。どんなものができたとしても、必ず言わなければならないの』
dony『なんだよ、それ…』
ルカ『ちょっと味見してみるね。……あれ? 意外と美味しいよ?』
dony『まあ、味はトリガラスープと塩だからな』
空猫『あら、上のほうを飲めばとろろが、下のほうを飲めばスープが味わえるわ。面白いわね』
dony『どれどれ…下のほうはちょっと塩辛いけど、とろろを吸えばそれがやわらぐ感じがするな』
ルカ『たまにストローから流れてくるネギとナンコツの食感が、なんともいえないねっ!』
dony『新食感、発見か? …ってあれ、下だけ吸いすぎてスープがなくなってしまったよ』
ルカ『お鍋にトリガラスープがまだ残ってるから、もう一回入れてくるといいよ』
dony『あぁ、そうだな…って、それじゃ延々と飲み続ける羽目になるだろ!』
ルカ『でもでも、このままじゃストローで吸いにくそうだよ?』
dony『…仕方ない、スープを追加してかき混ぜてしまうか…。なんだこの無限地獄は』
混ぜたらこうなります
空猫『やっぱり、混ぜたほうがシェイクらしいわね』
dony『本来のな。しかしまた、異様な…』
ルカ『それじゃ、あとはよろしくねっ』
空猫『任せたわ』
dony『結局そうなるのかよ…まぁ、覚悟はしていたが…』
空猫『男らしく、ぐいっといっちゃいなさいよ』
dony『無茶言うなよ…まぁ、ストローで飲んでるといつまでかかるかわからないし、直接飲んでしまうか』
ルカ『…どう?』
dony『…うーん、ドロドロ、コリコリ、シャキシャキ、だな。まずくはない。だけど…』
ルカ『だけど?』
dony『底のほうに行けば行くほど、沈んでたヤキトリの分の油が増えていってだな…』
ルカ『どんな感じ?』
dony『最終的には、罰ゲームだな、これ』
空猫『まぁ、そうでしょうね』
dony『予想もしてたけどな…うぅ、きつかった』
ルカ『わ、すごい。全部飲み干しちゃったよ』
の、飲んだよ…罰ゲーム終了?
空猫『こっちにもう1杯のほうがあるけどね』
dony『それは、明日なんとか、する…保存しといてくれ』
空猫『わかったわ』
ルカ『それにしても、今回は頑張ったね~』
dony『2度とやりたくないけどな』
空猫『…でも、これ…』
dony『ん?』
空猫『コップに入れるからおかしくなるだけで、もっと薄味にして、とろろ入れないでスープ皿に入れれば…』
dony『まあ、普通の鶏肉スープにはなりそうだな』
ルカ『ところで、こんなのがまだあるんだけど…』
dony『…それは! もしかしたら使うかもしれないと買っておいたタレ味のヤキトリじゃないか!』
ルカ『どうしよう、これも使っちゃう?』
dony『いや、お願いだからそっちは普通に食べよう…』
空猫『塩味であれだけ油があったんだから、タレ味で作ったら大変なことになりそうね』
dony『色も、な…やめよう。この話はもうやめとこう』
ルカ『それじゃ、次回あるかわかんないけど、お楽しみにねっ!』

-続く…の?-

おまけレシピ
挑戦しようという人はまずいないと思いますが、もし万が一出来心で作っちゃって、飲めなくなった場合に。
ヤキトリシェイクを鍋に戻し、さらに水を加えて薄め、塩コショウで味を調節すれば…
とろろ入り鶏肉スープになります。
とろろ入り鶏肉スープ(塩味)
救済措置に、なるかな?


この回がトウコウスフィアに掲載された日の日記を読む
ボンベルタン がお~ぶろぐ。支店 メニューに戻る
メニュー(トップページ)に戻る

アイスクリーム丼!

ルカ『第4回だよ』
空猫『…というわけで、今回は特別ゲストを呼んであるわ』
dony『唐突に、なんだ?』
空猫『詳しくは扉ページを見てね』
dony『…そういうことか』
ルカ『それじゃ、紹介するね。ジャクリちゃんでーす!』
蛇刳『……よろしく』
dony『…ところでなんで、スピリガンナーを着ているんだ?』
蛇刳『あら、空猫やルカに合わせたつもりだったんだけど。いけない?』
 ※ ルカも“空猫の強い希望により”ウェイトレス服(ピンク)を着ているようです
dony『いけなくはないが…。銃はしまったほうがいいと思うぞ』
蛇刳『それは却下ね。……ところで、どうして私の名札、漢字なのかしら』
空猫『文字数の関係でそうなったらしいわ』
蛇刳『…そう。……この服につけるなら、ひらがなのほうがいいと思うけど』
dony『どうしてだ?』
蛇刳『あら、わからないの?』
dony『わからないが、長くなりそうな予感がするから説明はしなくていいぞ』
蛇刳『…ふん。まぁいいわ。ちゃっちゃと始めましょ』

■材料(1人前?)  ※画像はクリックで拡大。カーソルをのせると説明もでます
ご飯(150g) アイスクリーム(1箱) 米菓子(1袋) ホイップクリーム リンゴ ☆ ここまで必須!
その他果物(バナナ、オレンジ) その他載せたいお菓子(チョコ、プチシュー) ☆ あとはお好みで
ご飯、アイスクリーム、米菓子、ホイップクリーム、リンゴ など

空猫『この他に使う調味料は、随時説明していくわね』
dony『ああ、頼む』
ルカ『ところでこれ、何? 「ひなあられ」って書いてあるけど…』
蛇刳『女の子のお祭りの日に食べるお菓子ね。本で読んだことがあるわ』
ルカ『へぇ~! そんなお祭りがあるんだ~』
蛇刳『正式な名前は、「こめはぜ」よ』
空猫『え? 「爆弾あられ」じゃないの?』
ルカ『…あ、もしかして、「ぽんぽん菓子」のこと?』
dony『…ちょっと調べてみたが、地域によっていろんな呼び方があるみたいだな』
空猫『それにしても、どうしてわざわざ「ひなあられ」にしたの?』
dony『普通の買ってもよかったんだが、量が多すぎてな…。それに、彩りもいいかなと思って』
空猫『なるほどね』
dony『ああ、そうそう。チョコとかプチシューとかを入れたいなら、先に冷蔵庫で冷やしておいたほうがいいかもな』
空猫『そうね。あと、器も冷やしておくといいのよ』

……

dony『…よし、まずはとにかく、冷凍おにぎりを作らないとな』
空猫『何も炊き立てご飯をシャーベットにすることないのに…まぁいいわ。何か調味料使う?』
蛇刳『私は普通のおにぎりを凍らせただけよ? 塩くらい入れたかもしれないけど』
dony『……そうだな、ちょっとアレンジを加えてみるか。えーと。これと、これかな』
醤油、砂糖  調味料 : 醤油小さじ1杯、砂糖小さじ1/2杯 (お好みで?)
空猫『ほんのり甘くするのね』
dony『ああ。餅に砂糖醤油つけて食べるイメージだな。よし、混ぜ込んだぞ』
砂糖醤油ご飯
蛇刳『…海苔はどうするの?』
dony『凍らせるとバリバリになっちゃいそうだから、つけない方向でいこう』
蛇刳『……いくじなし』
空猫『…って先輩! 何してるの!?』
ルカ『…え? なんだか物足りなさそうだったから、隠し味を入れてたんだよ』
dony『……隠し味って、この大量のケチャップがか…?』
ルカ『そうだよ』
空猫『…色と匂いで思いっきりわかるから、隠し味も何もないわね』
蛇刳『もう手遅れね』
  調味料 : ケチャップ(たくさん)
ケチャップライス
dony『…ケチャップライスになってしまったぞ』
ルカ『…えへへ、入れすぎちゃった』
空猫『そういう問題じゃないと思うけど…』
蛇刳『……ちょっと、味見させて。………! これは!』
ルカ『ど、どうしたのっ!?』
蛇刳『お子様ランチよ! お子様ランチの味よ!』
dony『どれどれ…。ほんとだ、子供が好きそうな味だな』
空猫『これ、卵で包んだらオムライスになるわね…』
dony『まぁ…とにかく、握るか』
ルカ『あ、私がやるよっ!』
dony『…いや、ルカがおにぎり作ると…その』
空猫『回転するからダメよ!』
ルカ『あ、あれは、でっかいおにぎり作ろうとしたら、ああなっちゃっただけだよっ!』
ケチャップライスおにぎり × 2
dony『よし、できたぞ。じゃあ冷凍庫に入れて凍らせよう』
蛇刳『そんなめんどうなことしないで、氷系詩魔法で一気に凍らせちゃえばいいのに』
dony『そんな無茶な…』
空猫『まぁ、2時間もすれば凍るんじゃない?』
蛇刳『暇すぎるわ』
dony『…ところで、今更なんだが…』
ルカ『どうしたの?』
dony『…なんでこんな冬の真っ只中に、アイスを使ったデザート?を作らないといけないんだ?』
蛇刳『…相変わらず、わかってないわね』
dony『何がだ?』
蛇刳『寒い日にアイスを食べて、頭がキーンとなって痛がってる様子がいいんじゃない』
dony『…だから、なんでだ?』
蛇刳『萌えるでしょ?』
dony『すまない、よくわからない』
蛇刳『…ダメなヤツ』

― そして数時間後 ―

dony『さて、そろそろおにぎりも凍った頃だろうし、残りを調理していくか』
空猫『まずは…クリーム! ホイップクリームね!!』
dony『余った分は食べていいから、落ち着いてくれ!』
ホイップクリームの素と牛乳ホイップクリーム
ルカ『使う牛乳(冷水)の量は、ホイップクリームの箱の説明を見てね』

dony『…じゃあ次は(と、サンプルを見る)…こ、これなんだ?』
蛇刳『かぼじゅで作ったオバケの顔がどうしたの?』
dony『かぼじゅ…ハロウィンか? 困ったな、この時期にそんなの手に入らないぞ』
空猫『じゃあ、作っちゃえばいいじゃない』
dony『それはそうなんだが、そんなに小型のかぼちゃがなくてな…あ、そうだ。これだ!』
ルカ『…え、ええぇっ!? それ、トマトじゃない!』
dony『ここで問題だ。“トマト”ケチャップを大量に混ぜたのは、誰だ?』
ルカ『……わ、私、だけど…』
dony『そう、それで思いついたんだよ。大丈夫、中はくりぬいて外側しか使わないから』
ルカ『でも…それじゃ形は残ってるし…』
蛇刳『…ねぇ、ちょっと。あれ、どういうこと?』
空猫『あぁ、先輩ね、トマトジュースやケチャップは大丈夫なんだけど、トマトそのものは苦手らしいの』
蛇刳『…変な好き嫌いね』
  追加材料 : トマト(小さめの)
トマトくりぬき
空猫『それ、何作ってるの?』
dony『まぁ、できてからのお楽しみだ』

蛇刳『次は、アイスクリームね』
アイスをくりぬいて丸める丸めたアイス(溶けるので盛りつける時まで冷凍庫に!)
空猫『小さじを使ってうまく丸めてね』
dony『そのまま置いとくと当然溶けるから、丸めたら皿に盛ってまた冷凍庫に入れておくんだ』
ルカ『…撮影したりしてたから、ちょっと溶けちゃったね』

空猫『あと、果物は適度な大きさに切ってね』
ルカ『リンゴはウサギの形にするんだよね』
蛇刳『…ぷっ、ウサギ、ね…』
ルカ『? ジャクリちゃん、どうしたの?』
蛇刳『なんでもないわ。ちょっと故郷の知り合いを思いだしただけよ』

dony『よし、盛りつける準備ができたぞ』
盛り付け開始前!
空猫『さぁ、盛り付けましょ!』
dony『…なあ、この器…どう見てもボールにしか見えないんだが?』
空猫『あら、アイスクリーム“丼”なんでしょ? だったらこれくらいいるわよ』
dony『…甘い物は嫌いじゃないけど、あんまり多いのもなぁ…』
蛇刳『世の中には、バケツプリンやタライババロアなんてものもあるのよ。あとはバケツいっぱいの猫飴とか…』
ルカ『空猫だって、たまに生クリームバケツいっぱい食べてるもんね』
空猫『それに比べれば、ボールくらいなんてことないでしょ?』
dony(…腹をくくるしかないのか)

蛇刳『まずはこめはぜを底に流し込むわよ』
ルカ『ぽんぽん菓子だよ?』
空猫『爆弾あられでしょ?』
dony『…呼び方はなんでもいいから…』
こめはぜ → ホイップクリーム → こめはぜ
空猫『いったんホイップクリームをはさんでから、さらに流し込むわね』
ルカ『あとは、具を載せていくだけだね』
dony『…具っていうと、なんか違うような…。ん? ジャクリ、どうしたんだ?』
蛇刳『……。話しかけないで。バランス整えてるんだから』
dony『やけに真剣だな…』

アイスクリーム丼 ~焔の香り~上から見た図ハロウィントマト?
空猫『出来上がりよ。美味しそうね』

ルカ『私とジャクリちゃんの、合作料理だね!』
蛇刳『…ケチャップ混ぜただけとも言うけど』
ルカ『も~、それは言わないでよぅ』
蛇刳『…でも、そうね。これは名付けて…』
ルカ『名付けて…? ……!』
ルカ『せーのっ!』  蛇刳『…せーの』
ルカ『シンクロニティクッキングだよっ!』  蛇刳『シンクロニティクッキングよ!』
dony『…シンクロ率、高いな…』
空猫『んー、微妙にずれてない?』

dony『それで、料理名はどうなるんだ?』
ルカ『私が手伝って、しかもおにぎりが紅いから…「アイスクリーム丼 ~焔の香り~」だよっ!』
dony『…冷たいのか熱いのか、よくわからない料理名だな…』
空猫『意訳すると「先輩の香り」になるわね。…あぁ、なんていやらしい響きなのかしら!』
ルカ『ちょ、ちょっと!? やめてよ~!』
蛇刳『……どうでもいいけど、早く食べないと溶けるわよ?』

……

dony『うーん、まぁ、普通に美味いな』
蛇刳『当たり前よ』
空猫『冷凍おにぎりが載ってなかったら、ただのパフェだもの、これ…』
dony『ただ、やっぱり微妙に、いや、明らかに味が浮いてるんだが…このケチャップおにぎり』
空猫『でも、アイスと一緒に食べても美味しいわよ?』
dony『…生クリームが大好きな空猫が言っても、全く説得力がないな』
ルカ『うーん…でも、結果的には普通すぎてつまんないよ~』
dony『普通でいいんだ、普通で…。というか、料理に何を求めてるんだ』
ルカ『んー、意外性とミラクル…かな?』
dony『まずは、その料理に対する認識をだな………(以下懇々と説得開始)』
蛇刳『…とりとめもないわね』
空猫『こうなるときりがないし、締めちゃいましょうか』
蛇刳『暇だったら、また来てあげるわ。じゃ』
空猫『またのお越しを、お待ちしてまーす!』

おまけ
完食!  完食記念!
感想 : 美味しいけど、量が多すぎてだんだん口の中が甘すぎて嫌になってくる。
     あと、時間が経つとこめはぜがふやけちゃう

ちなみに、もう1つあったケチャップおにぎりは、オムライス風焼きおにぎりにして美味しく頂きました♪


この回がトウコウスフィアに掲載された日の日記を読む
ボンベルタン がお~ぶろぐ。支店 メニューに戻る
メニュー(トップページ)に戻る

ジャクリシチュー……?

ルカ『キャライベントも調合しちゃう「ボンベルタン」第5回、始まるよっ!』
dony『……なんだそれ?』
ルカ『えへへ…。このあいだ見たテレモの番組の受け売りだよ』
蛇刳『…あぁ、アレね…』
空猫『確か先週の放送だったかしらね。ところでジャクリちゃん、今回も手伝ってくれるの?』
蛇刳『暇だったから来てみただけよ。…それより…』
クロ『ごきげんよう。今回は私も参加するわ』
dony『クローシェ様まで…。な、なぜ』
クロ『何故…って? このままでは私だけ「料理ができない」と思われてしまうかもしれないでしょう!?
   今日こそ、「できない」のではなくて、あえて「しない」だけ、ということを証明しなければなりません!』

dony『わ、わかりましたから、落ち着いてください…』
空猫『とりあえず、何を作るか決めちゃわない?』
クロ『……そうね。確か今日はメインディッシュを作るそうだけど…』
ルカ『うん、そうだよ』
クロ『それなら、サーロインステーキにしましょう。レストランのメインディッシュと言えば、これしかないでしょう?』
dony『…いや、それは……。なんとなく結果が想像できてしまうので、他のにしませんか?』
クロ『貴方! 一体何が不満なの!? はっきり言いなさい!』
dony『……いえ、その』
ルカ『あ、そういえば、前にお料理対決した時、黒焦げの塊作ってたよね。インフェルスフィアでだけど』
クロ『あ、あれは……! …ちょっと失敗しただけです!』
dony『…ま、まぁその…。実はこんなお便りが届いてるんですよ』
~(略)~
『ジャクリシチュー』をリクエストさせていただきます。
【――――以下、ご参考。】
当方は肉料理のソースに、臭み消しとしてブルーベリー(生/冷凍)を使うことがあるのですが…。
かなりジャクリシチューじみた色(濃い紫)になります。
赤ワインとほぼ同じ感覚で使用できるので、味は崩れずに、見た目がオドロオドロしくなると思います。
(投稿者:Dさん)
蛇刳『……』
dony『リクエストはそこそこあるんですが、作り方のヒントまで伝授して頂いてるのは少ないですし…』
空猫『それに、これなら試せそうね』
dony『それに、ひとつ疑問もあるんですよ。
    ジャクリが、和食はちゃんと作れるのに洋食が作れないのはおかしいだろう、と…』

蛇刳『しょうがないでしょ! あの子、和食しか作らないんだもの!』
クロ『……あの…子?』
蛇刳『……アヤタネ。……息子よ』
ルカ『え、えええぇっ!? ジャクリちゃん、息子さんがいたの!?』
空猫『それより……もしかして、息子に料理させてるの?』
蛇刳『そ、そんなことはどうだっていいじゃない! 事情があるのよ! 事情が!』
dony『…とにかくだな…。
    あの料理を、おたまが溶けたりしないような料理にしてみよう、というのが今回の目標だよ。
    どうですか? クローシェ様』

クロ『私はそれで構いませんよ』
空猫『じゃあ、決まりね!』
蛇刳『……。…まぁ、いいわ…』
ルカ『ここまで長くなっちゃったから、さっそく材料の買い出しに行こっ』

■材料(10皿分)  ※画像はクリックで拡大。カーソルをのせると説明もでます
牛肉(500g) 玉ねぎ(中3個 600g) じゃがいも(中3個 450g) にんじん(中1本 200g)
サラダ油(大さじ2) 水(1700ml) 冷凍ブルーベリー(1袋 250g) ビーフシチュールウ(1箱)


dony『赤ワインの感覚で…ってことは、ホワイトじゃなくてビーフシチューかな…?』
空猫『ブルーベリーの酸味と合いそうよね』
dony『じゃあそれで…。……あった、これだ。おおまかな材料は箱の裏に書いてあるから…』
クロ『…にんじん、玉ねぎ、じゃがいも…これを揃えればいいのかしら?』
dony『ええ、そうですけど…。って、手に何持ってるんですか?』
クロ『何って……“はかり”よ。正確に0.1グラムの差もなく量らないといけないでしょう?』
dony『いっ!? …いえ、ここに書いてあるのはあくまで目安ですから…』
クロ『そんな適当なこと、私が許しません! 野菜の大きさも、書いてある通りに揃えなければ!
   …あら、このじゃがいも少し小さいわね…。これじゃ3個で450gにならないわ!
   ちょっと店主! もう少し大きなじゃがいもは…』

dony『く、クローシェ様!! いいんです、これで。…あ、店主さん、どうもご迷惑を…』
ルカ『もぅ、クローシェ様。こういうのは適当でいいんですよぉ』
蛇刳『そうね。とりあえずあるもの適当に放り込めばいいのよ』
ルカ『そうだよねっ! 私なんかたまに、何入れたか途中でわからなくなるくらいだもん』
クロ『…そ、そんな…。私が間違っていたのかしら…?』
dony『…あの2人が言ってることも極端すぎますから…。ほどほどがいいんです、ほどほどが』
空猫『それより、早く買って帰らないと日が暮れちゃうわよ?』

…………

dony『…で、これが用意した材料だ』
シチューの材料
空猫『鶏肉が美味しそうだったから、牛肉と両方買ってきたわ』
クロ『それじゃ、レシピ通りにならないじゃない!』
dony『…いえ、だからそこまで一緒にしなくてもいいですから…』
クロ『…わかりました。ではせめて、用意した材料をすべてきっちり正確に量らないといけないわね。
   そうしないと、これを参考に作る方が全く同じものを作れないでしょう?』

dony『ですからそこまでは……わ、わかりました。載せます、載せますから落ち着いてください!』
空猫(それで撮影する時、はかりを横に置きたがってたのね…)

■材料(10皿分?) 重さきっちり…
牛肩肉(211g) 鶏モモ肉(360g) 玉ねぎ(中2個 443g) じゃがいも(小5個 574g)
にんじん(中1+1/4本 318g) サラダ油(大さじ2) 水(1200ml) 冷凍ブルーベリー(1袋 250g)
ケチャップ(大さじ2) ローリエ(2枚) デミグラスソース(1缶) ビーフシチュールウ(1箱)


空猫『作り方の説明は…』
蛇刳『省略でいいんじゃない? 材料切って鍋に適当に放り込んで煮るだけだもの』
クロ『……! だめよ! ちゃんと説明しなくては…』
dony『いえ、たいていの人は箱の裏に書いてある説明だけでわかりますから…』
クロ『…そ、そんな…』
dony『…練習しましょうね、クローシェ様…』
空猫『とは言っても、ブルーベリー入れるところくらい説明しないといけないんじゃない?』
dony『あ、そうか…。じゃあ、画像を使って簡単に手順だけ説明しようか』
ルカ『それなら安心だねっ!』

■作り方の手順
材料を切ります
 肉、玉ねぎ、にんじんをひと口大に切ります。
 じゃがいもはまだ使わないので、煮てる間に切っても大丈夫。
肉を炒めます
 フライパンにサラダ油を熱し、牛肉と鶏肉を強火で焼き色がつくまで焼きます。
 厚手の鍋がある場合は、直接鍋の中で炒めても可です。
野菜も炒めます
 玉ねぎ、にんじんも加え、さらに中火で炒めます。
 肉だけ先に鍋に移し変えておいてもいいです。
鍋に移して水を入れます

 炒めた材料を鍋に移し、水とケチャップ、ローリエを加えます。
dony『さて…。赤ワインの代わりにブルーベリーを使うなら、このあたりで入れると思うんだが…』
空猫『どういう形で入れようかしらね?』
dony『やっぱり、ミキサーにでもかけてソース状にしてからのほうがいいんだろうか…』
ルカ『今からミキサーにかけるの?』
蛇刳『面倒ね。こうすればいいでしょ』
ブルーベリーを加えて煮込みます
 ブルーベリーを加えて、弱~中火で約20分煮込みます。
 この間にじゃがいもをひと口大の大きさに切ってください。
dony『ああ…』
空猫『……手遅れね』
蛇刳『鍋の中でつぶせば同じでしょ?』
dony『まぁ、このまま煮込んでみるか…』

……20分後……

紫色になってきた…
ルカ『わわ、なんだか怪しげな色になってきたよ!』
空猫『玉ねぎが見事に紫色に染まったわね』
dony『よし、それじゃあ…』
デミグラスソースを加えてさらに煮込みます
 切ったじゃがいも、デミグラスソースを加え、さらに約20分煮込みます。
 シチュールウを使う場合は、作る分量に合わせて調節しながら加えてください。
 焦げないように、時々ぐるこん…じゃなくて、かき混ぜてください。
dony『うーん…』
空猫『やっぱりデミグラスソース入れちゃうと、見た目紫色にならないわね』
dony『仕方ない、これも入れてしまうか…』
冷凍ブルーベリー追加

 冷凍ブルーベリー追加(100g)

……さらに20分後……

ぐつぐつ

 最後に、塩・こしょうで味を整えます。
ルカ『ぐつぐつしてきたよ』
クロ『あら、いい匂いね』
dony『むむ…』
空猫『普通のシチューにしか見えないわね』
蛇刳『これじゃ「ジャクリシチュー」の名はあげられないわね』
空猫『ブルーベリーシチュー…ってところかしら』
dony『とにかく、食べてみるか…』

ジャクリシチュー…もどき
空猫『出来上がりよ。美味しそうね』

ルカ『…うん…!』
クロ『…あら…!』
蛇刳『……』
空猫『普通に美味しいわ!』
dony『とりあえず、料理としては大成功か…』
空猫『だけど、コーナー的には…』
蛇刳『…失敗ね』
dony『じゃがいもやたまねぎは、うっすら紫色なんだがなぁ…。
    鶏肉が牛肉と見分けがつかないくらいにどす黒くなったりもしてるし』

空猫『まぁ、たまにはこういう回があってもいいんじゃない?』
ルカ『「失敗は成功の元」って言うからね』
クロ『いえ、この場合「成功は失敗の元」ではないかしら?』
dony『…味まで意図的に失敗しなくてもいいですから…』
空猫『んー、やっぱりホワイトソースにしたほうがよかったのかしら?』
dony『それか、ブルーベリーの量が足りないか、ソース状にしてからのほうがよかったのか…』
蛇刳『…ふふ、そう簡単に私の料理はマネできないってことよ』
dony『…おたまが溶けるシチューを作るのは、確かにマネできないな…。いや、できたとしてもしたくないぞ』
ルカ『機会があったら、また挑戦してみようねっ!』
クロ『とにかく、今日は楽しかったわ。暇ができたらまた来るわね』
空猫『またのご来店、お待ちしてまーす!』


この回がトウコウスフィアに掲載された日の日記を読む
ボンベルタン がお~ぶろぐ。支店 メニューに戻る
メニュー(トップページ)に戻る

ジャクリドリンク………

ルカ『新装開店したけど中身は一緒な「がおベルタン」第6回だよ』
dony『……またそんな、身も蓋もないことを……』
空猫『だって、事実だもの』
dony『まぁ確かにそうなんだが……。ところで、ここ最近よく来るよな、ジャクリは』
空猫『もうこれで3回連続よね?』
蛇刳『することなくて暇なのよ。なんだったら、バイトで入ってあげてもいいわよ? ツン担当として』
dony『…いやここ、そういう店じゃないから…』
蛇刳『あら、こんなメイドみたいな格好の看板娘までいて、否定する気?』
dony『確かに似てはいるけど、フレリア様のバイナリ野で見たような店とは似て非なるものだぞ』
蛇刳『同じようなものでしょ? …まぁ、いいわ。早くアレを作って見せてもらわないといけないし』
dony『…駄目もとで聞くが、どうしても作らないと駄目か?』
蛇刳『聞くだけムダね』
dony『…………わかったよ、作ればいいんだろ、作れば…。ちょっと材料見繕ってくる…』
ルカ『いってらっしゃーい』
空猫『ところで先輩、クローシェ様は?』
ルカ『さすがに公務が忙しいから、毎回は無理だって言ってたよ』
空猫『そう…。まぁ、それはそうよね』

……

dony『…ふぅ。こんなもんかな』
空猫『お帰りなさいませ~ご主人様…じゃなくて、料理長さま?』
dony『いつのまに料理長になったんだ、俺は。…というか、料理長にそんな挨拶しないだろ』
空猫『…もう、ノリが悪いんだから』
dony『悪かったな…。とにかく、材料を集めてきたぞ』

■材料(1人前)  ※画像はクリックで拡大。カーソルをのせると説明もでます
緑色のモノとかゼリーっぽいのとかなんか色々
 緑色のモノとか
 ゼリーっぽいのとか
 なんか色々 思いつく限り


dony『…あとは画像を見て判断してくれ…』
ルカ『あはは……かなり投げやりになってるね』
空猫『一応説明しておくと、くず粉、片栗粉、抹茶の粉、青汁の粉、明日葉かんてんの粉、
    ゼラチンパウダー、おしるこの素、緑の野菜ジュース
ね』

dony『思いついたもの、その辺にあったもの、全部集めてみたよ…』
ルカ『いくつかは、お便りをもとに選んだんだよね?』
dony『あぁ。青汁と片栗粉はEさんから、くず粉と抹茶とおしるこはHさんから頂いたアイデアを参考にしたんだ』
空猫『それって、ほとんど自分のアイデアじゃないってことじゃない?』
dony『本当に感謝してるよ…。最初はスライムの作り方とか調べて、
    これじゃ絶対食べられないしなぁ、とか思ってたからな…』

蛇刳『……スライムじゃないって言ったでしょ?』
dony『いや、ジャクリが作ったアレは、まさにスライムそのものだったぞ…。
    まぁ、本当に食べられるものとして再現できるのかどうか、悩んでいたのは確かだけどな』


……

dony『それじゃあ作ってみるか…。あらかじめ言っておくが、用意した材料を全部使うとは限らない
ルカ『え、どうして?』
dony『とりあえず、思いついたものを集めただけだからな…様子を見ながら加えていこうと思う』
空猫『あら、行き当たりばったりってこと?』
dony『一応最初に入れる分量だけは考えたけどな。葛餅の作り方を参考にして』

■分量
くず粉(25g) 片栗粉(大さじ1) 抹茶・明日葉かんてん・青汁の粉(それぞれティースプーンに軽く1杯)
※ 葛餅の作り方を参考にしていますが、当然この作り方では葛餅は作れないのでご注意ください (そりゃそうだ)

dony『まずは、くず粉を鍋に入れて細かく砕くんだ
    そのあとに、片栗粉、抹茶の粉、明日葉かんてんの粉、青汁の粉も加えてさらに混ぜる

粉を混ぜたところ
dony『これはまだ途中だからな。もっとくず粉が粉々になるまで混ぜるんだ』
空猫『細かく砕いておかないと、“ダマ”になっちゃうものね』
dony『…で、普通ならここで水を加えるんだが…緑の野菜ジュースを200cc入れてみよう
    あと、あえて砂糖も入れないでおこう』

空猫『さあ、もう後戻りはできないわよ』
dony『わかってる…。200cc一気に入れるんじゃなくて、少しずつ加えながら混ぜてなじませるんだ
    よく混ざったら、中火にかけて絶えずかき混ぜる!

最初は中火で。絶えず混ぜること!
ルカ『絶えず? 混ぜるの止めたらどうなるの?』
空猫『一瞬にして焦げ付くわ。底が』
ルカ『あ、ほんとだ。……って、焦げてるよっ!?』
dony『…しまった』
蛇刳『撮影なんてしてるからよ』
dony『分析してる暇があったら、どっちか手伝ってくれよ…』
のり状になったら弱火で。あるいは火を止めて、さらに混ぜ混ぜ
dony『のり状に固まってきたら弱火にするか火を止めて、さらに混ぜる
空猫『…なんだか近づいてきてない?』
dony『かも、しれないな……。さて、こんなもんでいいか』
空猫『コップに移しかえて…って、あら』
ちょっと焦げちゃった
ルカ『見事にドロドロになっちゃったね』
空猫『成功…かしら?』
dony『…よかった。本当によかった。思った通りにならなくて2杯目作成とかになったらどうしようかと思ってた』
空猫『切実ね…。とにかく、これで…』

完成…させちゃった ジャクリドリンク コップにへばりついて落ちません… スプーンで持ち上げると…
空猫『出来上がりよ。美味しそうね』

dony『……本気でそう思ってるか?』
空猫『…そう思う?』
dony『…………いや、悪かった。だけど、まさかここまでソックリになるとは…』
蛇刳『当たり前でしょ? 私も作ったんだから』
dony『においまでは再現できなかったけどな。いや、したくないけど』
ルカ『ねぇねぇ、味は?』
dony『あ、ちょっと俺、急用が…。……冗談だよ、食べればいいんだろ、食べれば!』
ルカ『……どう?』
dony『…………。ものすご~~~く濃い、青汁の味だ……』
空猫『…きつそうね』
dony『…あぁ、うっかり味わったりすると…うっぷ。……だめだ、せめて何か飲み物をくれ…』
空猫『仕方ないわね』
dony『ただし、青汁とか抹茶はやめてくれよ』
空猫『あら、残念だわ』
dony『出そうとしてたのかよ…うわ、これ、よく混ざってなかったのか。くず粉がダマになってるぞ』
蛇刳『ほら、全部食べないとオカリナ持った子に叱られるわよ?』
dony『わかってるよ…。あぁ、普通に砂糖も入れて、抹茶入り葛餅にしたら美味しいだろうになぁ』
空猫『でも、一応健康食品を多く使ってるから、意外と体には良いのかもしれないわね』
dony『そうかもな…よし、薬だと思って食べよう』

……

あと少し…
ルカ『あと少しだよっ!』

……

完食!!
dony『食べきった…ぞ』
蛇刳『やるじゃない。…でも、詰めが甘いわ。最後は「まずい! もう一杯!」って言うものよ』
dony『どこで覚えてきたんだよ、そんなの…』
空猫『でも、よく食べきったわよね』
ルカ『うんうん、頑張ったね~』
空猫『これは、お店の目玉商品になるわね!』
dony『…いや、お客さんに出しちゃ駄目だろ、これは…』


この回がトウコウスフィアに掲載された日の日記を読む
がおベルタン メニューに戻る
メニュー(トップページ)に戻る

オボンヌ粥オボンタ入り

ルカ『がおベルタン第7回だよっ!』
蛇刳『…というわけで、連れてきたわ』
スピ『お久しぶりね。それにしても…、私の店には来てくれないのに、このお店には入り浸ってたようね?』
dony『そんなこと言われても、戦いが終わったら回復薬を買う機会なんてあまりないからな…』
スピ『あら、つれないのね。私も顔を見に寄ってくれるだけでいいのに』
dony『…冷やかしお断りなんじゃなかったのか…? ところで、「あの材料」って…』
スピ『もちろん、これよ。銘菓オボンヌ。ほんとは輸送費とかでかなーりお高いんだけど…』
ルカ『…だけど?』
スピ『どこぞの御曹子に、「メタ・ファルスの人達にオボンヌをご馳走したいの」って手紙送ったら、
   「なんだ、そんなことなら言ってくれればいつでも送ってやるぞ!」なんていう手紙付きで
   快く“大量に”送ってきてくれたから、タダでいいわ』

蛇刳『……あのボンボンめ……』
スピ『でも、タダより高いものはないわよ? 特に、私の』
dony『…怖いこと言うなよ…。とにかく、あとは米さえあれば作れそうだな』
空猫『ねぇ、これも入れてみるってのは、どう?』
dony『銘菓オボンタか…。面白いかもしれないな。よし、それでいこう』

■材料(1~2杯分)  ※画像はクリックで拡大。カーソルをのせると説明もでます
米(40g) 水(350cc) 塩(小さじ1/2) オボンヌ(2個) オボンタ(2枚)
オボンヌ オボンタ 米

dony『……なぁ、オボンヌとオボンタの箱って、こんなんだったか? なんだか…』
ルカ『き、気のせいだよっ!』
空猫『そうそう、気のせいよ!』
dony『…何かひっかかるが…まぁ、いいか。じゃあ、さっそく作ってみるとするか』

……

おかゆを作ります
dony『まずは、普通におかゆを作るんだが…説明のしようがないな』
空猫『水の分量の目安は、米に対して7倍から10倍よ』
dony『あ、ああ、そういう説明は助かるな。あとは、くっつかないようにたまに混ぜるくらいか』
蛇刳『“はじめチョロチョロ、中パッパ”…』
ルカ『あ、それ、知ってるよっ! “赤子泣いても蓋取るな”…だよねっ?』
スピ『…それは、おかゆじゃなくてご飯の炊き方よ』
dony『ところで、スピカは料理、どれくらいできるんだ?』
スピ『あら、失礼ね。これでも人並み程度にはできるつもりよ? ただ…』
dony『…ただ?』
スピ『気に入った男の子に作ってあげる時だけ、ちょっと惚れ薬を混ぜたりする程度よ』
dony『…ある意味、ルカやジャクリの料理より危険だな…』

……30分後……

空猫『そろそろ、いいんじゃない?』
dony『そうだな。じゃあまずは、塩をひとつまみ…そして…』
スピ『はい、これね』
オボンヌとオボンタはこっちを見ている
dony『…………なぁ、これ』
スピ『オボンヌよ』
空猫『オボンタよ?』
dony『わかった。そういうことにしておこう。じゃあ…混ぜるぞ』
蛇刳『殺るのね?』
dony『…物騒な言い方をするなよ…』
オボンヌとオボンタは混ぜられてしまった!
蛇刳『まさか、目の前でオボンヌ殺害事件が発生するとは思わなかったわ…!』
dony『だから、違うって…。とにかく、盛りつけるぞ』

オボンヌ粥オボンタ入り
空猫『出来上がりよ。美味しそうね』

ルカ『あ、オボンヌとオボンタをさらにトッピングしたんだね』
空猫『なんだか可愛らしいわね! 食べるのが可哀想になってくるわ』
dony『まぁ、もともとどこから食べるか迷うお菓子だからな』
スピ『ソル・シエールとメタ・ファルスの、夢のコラボレーション…かしら?』
蛇刳『…かなり無駄なコラボね』
dony『さて、食べてみるか』
空猫『あ、私もおかゆの部分を味見するわ』
dony『……甘い。甘い…けどマズくはない』
空猫『そう? 普通に甘くて美味しいわよ?』
dony『そりゃ、空猫基準だとそうなるよな…』
ルカ『んー、なんだかきなこかけご飯みたいな味だね』
蛇刳『そうね。まぁ問題ない味よね』
dony『そうか…。甘い物が苦手な俺には、ちょっとキツイよ』
スピ『おかゆだと思って食べるからいけないのよ。お菓子だと思えばいいわ』
dony『そういうもんかな。とにかく、お茶を…』
空猫『しょうがないわね』
オボンヌを持ち上げようとしたら、底がくっついてて分離したの図  お茶をください
dony『あ…』
ルカ『どうしたの?』
dony『オボンヌを持ち上げようとしたら、底がくっついてて分離してしまったぞ』
スピ『あら、皮だけ食べるなんて、通ね』
dony『そうなのか? しかし、お茶がありがたいな』
空猫『ほら、まだあと半分くらいあるわよ?』
dony『だんだん甘くて辛くなってきたから、平気な人に食べてもらいたいが…ルールだから仕方ないか』

……

オボンヌ完食
dony『食べきったぞ…あー、なんか頭が痛い』
空猫『甘い物食べすぎた時になる、あれね?』
dony『そう、それだ…。頭というか、目の回りらへんがキーンとくる…』
空猫『そういう時は、冷たい飲み物を飲むといいわよ』
dony『本当か? ……あ、ほんとだ。痛みがスーッと引いていく…』
空猫『でしょ? 甘い物のことなら、私に任せておいて!』
ルカ『実体験に基づいてるからねっ!』
スピ『さて、それじゃあ私はそろそろ自分の店に戻ろうかしら』
dony『ああ、オボンヌご馳走してもらってありがとうな』
スピ『それは、どこかのオボンヌ好きに言ってあげるといいわ。
   …そうね、今日のことも含めて手紙に書いて送っておいてあげるわ』

dony『そうか、すまないな。ライナー…だったか、彼によろしく頼むよ』



数日後、ソル・シエールの首都、プラティナにて…

ライ『……俺は、メタ・ファルスの人達にオボンヌをご馳走しようと思って、スピカの頼みを聞いたんだ。…なのに、それなのに、まさかパクリ商品のオボンタと一緒に料理されるなんて思ってもみなかったよ。完全に裏切られた、って感じだ。スピカから、サンプルと一緒にレシピとオボンタも送られてきたけど、俺は絶対に食わないからな。ああ、絶対に。…そうだ、こんなパクリ商品がソル・シエールに入ってきたら大変だ。ここは、オボンタ輸入禁止令を出して…』

オリ『…また始まっちゃったね』
シュ『どうしましょうか?』
彌紗『…ほっときましょ』



さらに数日後、メタ・ファルス、エナにて…

――『今日のテレモニュースです。
    昨日、ソル・シエールの首都、プラティナの総帥レアード氏の御曹子、ライナー氏は、
    ソル・シエール全土において「銘菓オボンタ輸入禁止令」を発動し…』


那紗『なぁんですってー!!?』 (※)

※ 那紗(なあしゃ) : クローシェ様親衛隊No.40。エナ市場通り「虹色牡丹」所属のI.P.D.。オボンタが大好物。

――『たった今、速報が入りました!
    そのライナー氏ですが、さきほどレアード氏とその部下によって取り押さえられ、
    「オボンタ輸入禁止令」も即刻解除…』



この回がトウコウスフィアに掲載された日の日記を読む
ボンベルタン がお~ぶろぐ。支店 メニューに戻る
メニュー(トップページ)に戻る

和流焼菓 @

ルカ『がおベルタン第8回だよ』
dony『……それにしても、さーしゃは配達までやっていたのか?』
さー『はい、買い出しに来る時だけですけど…。行きが手ぶらになっちゃうよりはいいですし』
dony『相変わらず、頑張ってるなぁ…。あまり無理はするんじゃないぞ』
さー『お気遣いありがとうです! でもこれくらい全然平気ですよー』
dony『ここに何の材料を持ってきてるんだ?』
空猫『あら、忘れちゃったの?』
dony『…って、ああ、そうか。よろづ屋で作った調合アイテムも料理の材料になってたりしたな』
さー『果実ドロップもお届けしてるんですよ』
dony『なるほどな。…ところで、ジャクリはどうしたんだ?』
ルカ『なんだか、「やらなきゃいけないことができたわ」って言って、出てったきりだけど』
dony『そうなのか…』
空猫『貴重なツン担当だったのに、残念だわ』
dony『…ほんとにそういう接客してたのかよ…』
空猫『知らなかったの? 結構な人気だったのよ、あれでも。
    はぁ、もう一人の典型的ツンデレ担当に頑張ってもらうしかないわね』

 ※ ピュアのことらしい
dony『まぁ、接客のことは任せるよ…。って、話が逸れまくったな。そろそろ調理に取りかかろうか』
さー『何を作るんですか?』
空猫『和流焼菓よ』
さー『もしかして、さーしゃのおばあちゃんのためにルカねえが作ってくれたお菓子ですか?
   それならさーしゃも作るところ見たいです! いいですか?』

空猫『ええ、もちろんいいわよ』
さー『ありがとうです、嬉しいです!』
dony『それじゃあ、早速材料を調達しにいこう』

■材料  ※画像はクリックで拡大。カーソルをのせると説明もでます
クッキーミックス粉(プレーン・ココア各1袋) 無塩バター(50g×2) 卵(2個)
クッキーミックス 無塩バター 卵

空猫『ねえ、これってお煎餅じゃなかったかしら? どうしてクッキーの材料なの?』
dony『これ、もともとはロールケーキのレシピだったろ?
    ロールケーキの材料で作った煎餅って、クッキーじゃないか? と思ってな』

空猫『…確かに、そうかもしれないわね。
    でもそれなら、クッキーミックスなんて使わないで作ったら? 仮にも料理屋なんだから』

dony『焼菓子なんて作ったことないからな…これで勘弁してくれ。ココナならこういうの得意そうだけどな。
    そういう空猫はどうなんだ。作ったことあるのか?』

空猫『…聞かないでほしいわ』
dony『やっぱりか…。なら人のこと言えないんじゃないか』
さー『あ、あの、クッキーだったら、おばあちゃんに習いながら作ったことありますよ』
dony『本当か!? よし、じゃあさーしゃにサポートを頼むことにしよう。いいかな?』
さー『もちろん、いいですよ!』
空猫『…私の立場はどうなるの?』
ルカ『もともとの品物を作ったのに、サポート頼まれもしない私よりマシだと思うよ…』

クッキーミックス粉1袋につき、バター50gと卵1個
さー『バターはあらかじめ冷蔵庫で冷やしておいてくださいね』
バターとミックス粉を混ぜます
さー『まず、バターとミックス粉をそぼろ状になるまで手でこねるんです
   クッキング用のビニール手袋があったら使うといいかもです』

卵黄を混ぜます
さー『次に卵を混ぜます。卵は卵黄だけ使うです。少しずつ卵黄を加えながら、手でこねてくださいね』
dony『……アドバイスが的確すぎて、俺達が口を挟む余地が全くないな』
空猫『…ねえ、私の立場は?』
ルカ『私なんて、いる意味すらなさそうだよ…』
さー『あわわ、ごめんなさい。でしゃばりすぎちゃいましたか?』
dony『いや、いいんだ…。とにかく、これでプレーン味もココア味も準備完了だな』
さー『ここからが楽しいんですよ』
ルカ『ウズマキ巻くんだよね?』
dony『…ルカが言うと、別のもの、というか人物を連想してしまうな…』

びよ~ん。ぐるぐる。ウズマキー!
空猫『確かに、楽しいわね』
ルカ『粘土遊びしてるみたいだよね』
さー『親子で作るととっても楽しいと思いますよ』

……しばらく、こねこねタイム……

dony『よし、あとはこの二極式DDW加温機で焼くだけだな』
 ※ 電子レンジのことです
空猫『オーブン機能で180℃に予熱して…』
さー『焼き時間の目安は15分から20分くらいです』
dony『じゃあ、長めに20分にしてみよう』
ルカ『あとは待つだけだねっ!』

……20分後……

和流焼菓?和流焼菓!和流焼菓盛り合わせ
さー『やったー、完成です!』

空猫『……だから、私の立場は?』
さー『あう、ごめんなさい。嬉しくってつい…』
dony『気にしなくていいぞ、さーしゃ。毎回同じパターンだったからちょうどいい』
さー『そ、それならいいんですけど…。…それより、一部焦げちゃいましたね…』
空猫『まさか、3つだけ時間延長してわざと焦がしたの?』
dony『ああ、それはこの二極式DDW加温機が悪いんだ…。どうも加熱にムラがあるみたいでな。
    奥の方が火力が強くて…トースターで食パンを焼いても、半分だけ焦げたりするんだ…』

空猫『ナチュラルに焦げちゃったわけね』
dony『そういうことだな。3枚目の写真は、ほぼ入れたままの配置だ』
空猫『…見事に奥に行けば行くほど焦げてるわね…』
dony『でも、焦げたやつのほうが本物っぽいよな』
ルカ『…どういう意味かな?』

黒和流焼菓  和流焼菓盛り合わせ+黒
空猫『ちなみに、プレーンとココアを逆にしたバージョンも作ってみたわ』
dony『これは…黒和流焼菓だな。まさしくルカらしい感じだ』
ルカ『ふーん、そういうこと言うんだ…』
さー『ルカねえ、ちょっと怖いです…』
ルカ『あっ、ごめんね、怖がらせちゃって。…あ、クロアはあとで厨房の裏に来てね』
dony『笑顔が逆に怖いな…』
さー『えっと…そろそろさーしゃは帰りますね。あんまりお店空けておけないですし…』
空猫『わかったわ。またいつでも来てね』
さー『はい! 今日は楽しかったです。皆さんさようならですー』

ルカ『…さて、クロア?』
dony『な…なんだ?』
空猫『知ーらないっと』


この回がトウコウスフィアに掲載された日の日記を読む
ボンベルタン がお~ぶろぐ。支店 メニューに戻る
メニュー(トップページ)に戻る

夢見る乙女のぶぶ漬♪

シン『が一杯のお料理コーナー、がおベルタン第9回だよ!!』
dony『…来て早々タイトルコールを奪うなよ…』
シン『えー、いいじゃん! 滅多に出られないんだし』
ルカ『まぁ、たまにはいいんじゃないかな?』
dony『ルカがそう言うなら…いいんだが』
シン『それよりクー君! 私の店には最近あんまり来てくれないのに、
    この店にはしょっちゅう来てるみたいだけど、どういうことなのかなぁ!』

dony『ああ、いや、こう平和になってくると、武器を新調する機会があまりないからな…』
シン『武器が必要じゃなくても、私に会いに来てくれればいいのに』
dony『そう言われてもだな…』
シン『まぁ、今日ここに呼んでくれたから許してあげるけどね。私の力が必要なんでしょ?』
ルカ『…そうなの?』
dony『それはあとで説明する。とにかく、今日作るのは…ええと』
空猫『夢見る乙女のぶぶ漬でしょ?』
シン『おっ!? 乙女の私にふさわしい名前の料理だね!!』
dony『よし、さっそく調理に入ろう』
シン『無視するなぁ!!』

■材料  ※画像はクリックで拡大。カーソルをのせると説明もでます
かぶ(1袋) 紅しょうがの漬け汁(適量。梅干の漬け汁でも可) 塩(小さじ1)
かぶ  紅しょうが汁

dony『作る前に確認したいことがあるんだが…』
ルカ『何?』
dony『最初に作った時も言ったが、ぶぶ漬けって漬物だったか?』
ルカ『えっ? 違うの?』
dony『俺はお茶漬けのことだと思うんだが…』
シン『あ、それ、知ってるよ。確か、キョートっていう所で 「ぶぶ漬けでもいかがどすえ?」
    って言われたら、お客さんは帰らなくちゃいけないんだよ』

空猫『……本当?』
シン『さぁ? たまたま読んだ雑誌に面白おかしく書いてあっただけだから、本当かどうかは知らないよ』
dony『若干脚色されすぎてる気がするが…まぁ、噂や伝説程度の話だよ、きっと』
空猫『それで、どうするの? 作る物変えちゃう?』
dony『いや、せっかくだからそれっぽくしてみよう。大根じゃなくてかぶを使うのもキョートらしくするためだ』
シン『うんうん、なんでもそれっぽくするのは大切だよね!』
dony『シンシアの場合、常にそうしてるだけだろう?』
シン『失礼なこと言うなぁ!!』

かぶの葉っぱ部分を切ります(葉は汁物や煮物にでもどうぞ)
dony『作り方は、まずかぶを輪切りにして…』
かぶを輪切りにします
ルカ『次に、ハート型に形を整えながら切るんだよ』
ハート型に切って、縦に2本切り目を入れます
dony『俺にはブタの鼻に見えるけどな』
ルカ『……』  空猫『……』  シン『……』
dony『…ん?』
シン『クー君! “夢見る乙女の”ぶぶ漬なんだから、そんなこと思っても口にしちゃだめだよ!?』
dony『そ、そうだな。すまない』
切り方
空猫『こんな感じに切ればいいかしらね』
dony『今回使ったのは小かぶだから輪切りにしたまま切ったけど、大きすぎるようだったら
    輪切りにしたのをさらに半分に切って、半月型にしてから切るといいかもな』

ルカ『余った小さい三角形の部分も、もったいないから使ってね』

ボールに切ったかぶを入れます(ビニール袋でも可)  塩小さじ1を加えて、手もみしてなじませます
dony『次は、塩漬けだ』
空猫『撮影しやすいようにボールを使ったけど、ビニール袋を使ったほうが楽かもしれないわね』
重しをして1時間漬けます  …重し?
ルカ『…何、これ?』
dony『重しの代わりにそのへんにあったトマト缶を…』
ルカ『まぁ、トマトソースなら平気だけど…』
dony『いや、中身は使わないから…』
空猫『それより、この紅しょうがって…』
dony『ああ、自家製だよ。新しょうがを梅干の汁に漬けたものだ』
空猫『それじゃあ、自宅で梅干漬けてる家庭じゃないと作れそうにないわね、これ』
dony『確かにそうかもな…』
ルカ『とにかく、1時間は塩漬けにしておいてね』

……1時間後……

塩漬け後
空猫『…そして、1時間経ったものがこちらでーす』
dony『ほんとに時間かけてるんだから、そういう料理番組みたいな真似は…』
空猫『一度やってみたかったのよね』
dony『まぁいいけどな…。とりあえず、出た水分を捨てて、軽く絞ってさらに水分を取り除いて…と。
    よし、ここからがシンシアの出番だ』

シン『お、とうとう私の愛のパワーが必要な時が来た!? で、何すればいいの?』
dony『ああ、これから紅しょうがの漬け汁に、塩漬けして水分を切ったかぶを漬け込むんだが…。
    シンシアがいればうまくピンク色に変色するんじゃないかと思ってな』

紅しょうがの漬け汁を1/2カップ入れます
シン『……って、最初から紅い液体に白いかぶを漬けたら、
    誰がやってもピンク色になるに決まってるじゃないかぁー!!』

dony『いや、念には念を入れてだな…』
シン『あーもう!! 私はこんなことのために呼ばれたの!?
    せっかくお店お休みにして来たっていうのにさぁ!!』

空猫『…なんだかんだ文句言いながら、手はテキパキ動いてるのが凄いわね…』
さらに1時間以上漬け込みます
ルカ『あとはこのまま、さらに1時間以上漬け込むだけだね』
空猫『ほんとは一晩くらい漬けておいた方が、綺麗に色づくと思うけど…時間がないから仕方ないわね』

……さらに1時間後……

夢見る乙女のぶぶ漬  夢見る乙女のぶぶ漬 アップ
空猫『出来上がりよ。美味しそうね』

ルカ『綺麗にピンク色に染まったね』
dony『ああ、さすがだ。シンシアのおかげだな』
シン『あー…。そ、そう言われると、悪い気もしないかなぁ』
空猫『…調子いいわね…』
dony『よし、じゃあこれを…』
空猫『あら、ご飯も炊いてたの?』
これで真の”ぶぶ漬け”に
dony『これなら誰がなんと言おうと“ぶぶ漬け”だぞ』
空猫『そうね』
dony『…うん、あっさりした味だから、さらっと食べられるな。これはいい』
ルカ『大成功だね!』

dony『ところで、シンシアは料理できるのか?』
シン『もちろんだよ! 料理だって必要なのはだからね!』
dony『…そして、詰め込みすぎて爆発するんだな?』
シン『そんなわけないじゃん! 火薬も使わないで爆発するわけないじゃないかぁ!』
dony『そうか? ずっと前、店の奥から微妙に香ばしい焦げたような匂いがしたが』
シン『あれはちょっと失敗して焦がし…って、あー!! もう! 誘導尋問禁止!!』
dony『ああそうだ、まだぶぶ漬け余ってるから…シンシア、お茶漬けでも食べてくか?』
シン『…って、それ、もう帰れってことじゃないかぁ!!』
dony『冗談だよ』
ルカ『……相変わらず、ふたりとも仲いいよね』
シン『あっ…やっぱりそう見える?』
dony『…これって仲いいって言うのか?』
ルカ『…これだもんなぁ』
空猫『先輩も苦労してるわねー。でも大丈夫よ、先輩には私がいるんだから!』
ルカ『ひぇっ!? だから、そういう趣味はないってばー!!』
空猫『遠慮なんてしなくていいのよ?』
ルカ『遠慮じゃないよぅ! もぅ、勘弁してよー!!』
??『ちょっと待ちなさーい!!』
空猫『誰!? …って、ノノ!?』
ノノ『レレナ、ルカはあなたには渡さないわよ!』
空猫『こっちこそ、あとから先輩の魅力に気付いたあなたには渡せないわ!』
ルカ『もぅ! どっちのものでもないからー!!』

シン『はぁ、なんだか入り込めない雰囲気になってきちゃったなぁ。
    しょうがないからラクシャクのお花屋さんでも寄って帰ろうかな…』

dony『ああ、気を付けてな』
シン『久しぶりに会えて嬉しかったよ、クー君! じゃ、またね!』


??『古典的とはいえ、最後の最後にこっそりギャグを言って帰るなんてやるわね、あの緑の鎧の娘』
―― 本人はそんなつもりで言ったんじゃないと思うけどな
??『ちょっと貴方、人の心の声に勝手にツッコミ入れないでくれる?』
―― ………………
??『ねぇ、聞いてる? 心の声でなにしようが勝手でしょ? …ふふっ、決まったわね』
―― …(スーッ)…
??『ちょっと! せめて何か言ってから消えなさいよ!』


おあとがよろしいようで…。

さらに一番漬けてみました
余った分は、容器に入れてさらに一晩漬け込みました。
やはり、一晩漬けたほうが綺麗に色づきました。特にふちの部分が。

ボンベルタン がお~ぶろぐ。支店 メニューに戻る
メニュー(トップページ)に戻る

Chalon de trois !? (シャロン・ド・トロワ)

ルカ『お料理コーナーがおベルタン、2ケタ到達記念の第10回だよっ!』
dony『自分でも、よく続いたなと思うよ』
空猫『なんだか、感慨深いものがあるわね』
ルカ『それじゃ、さっそくバビッと作っちゃおう、シャロン・ド・トロワ!』
dony『…なぁ、本当に…』
空猫『作るのか? って聞くのはなしよ。もう決定事項なんだから』
dony『わかってるよ…。ちょっと聞いてみたくなっただけだ』
ルカ『そんなに心配しなくても大丈夫だよぉ。まず私が作ってみせるから。
    ほら、お魚をこうやって、これをこうして、あれをこうやって…ほら、できた!』

dony『って、そんな簡単にでき…』
アホ毛の客『できるかぁぁぁぁぁぁっっっ!!!
dony『うわっ、なんだ!? 客席のほうから聞こえてきたぞ!?』
空猫『ちょっと私、見てくるわね!
    ――すいません、お客様! どうかなさいましたか? ……』

dony(…よくわからないが、俺の心の声を代弁して叫んでくれたみたいだな…)

ルカ『空猫、さっきのお客さん、大丈夫だった?』
空猫『ええ、議論中に少し白熱しすぎたそうよ。逆に騒がせて悪かったと謝られたわ』
dony『…そうか、それなら心配はなさそうだな』
ルカ『よかったよぉ。何かの不手際とかだったら大変だもんねぇ』
空猫『閉店間際で他のお客さんがいないのも幸いだったわね。
    というより、もう閉店時間なんだけど…』

dony『まぁ、いいんじゃないか? 議論してる最中なんだろ? どうせ俺達がいるし』
空猫『そうね。じゃあ、さっそく調理に入りましょう!』
dony『なら、まず材料調達からだな』

■材料  ※画像はクリックで拡大。カーソルをのせると説明もでます
海鮮物とかいろいろ
海鮮物とかいろいろ

空猫『材料の説明は?』
dony『…かます、タコ、イカ、ワカメ、青ノリ、白玉粉、からし酢味噌、バジルソースだ。あとは…』
ルカ『ジャー飯もいるよ』
dony『そうだ、ジャー飯…ご飯だな』
空猫『あの物体…じゃなくて、料理のどこにご飯が使われてるの?』
dony『いやまぁ、レシピに書いてあるから間違いはないだろう』
   (それに、コスモスフィアでもご飯の精が作ったりしてたしな…)

ルカ『ワカメと味噌は、トルーリーワース汁でも使ったよね。エリギニは使わないんだ?』
dony『そういえば忘れてたな、エリギニ。あと、味噌って言ってもこれ、からし酢味噌だけどな』
ルカ『え? 同じじゃないの?』
dony『…ああ、違うよ…。からし酢味噌で作った味噌汁なんて飲みたくないぞ』
ルカ『そうだっけ? …まぁいいや、見ててあげるから、頑張って作ってね』
dony『…了解した…』
空猫『作り方の説明はどうするの?』
dony『たぶん、誰も作ろうとは思わないだろうから、ダイジェストでいいんじゃないか?』
空猫『…それもそうね』

魚をさばいて焼いたり、
魚をさばいて焼いたり、
白玉粉を
白玉粉を
こねてのばして
こねてのばして
茹でて
茹でて
冷やしたり。
冷やしたり。

dony『……とまぁ、こんな感じだ』
空猫『あとは、組み立て…じゃなくて、盛りつけるだけね』
ご飯で土台を…
dony『まずは、ご飯で土台を作ろう』
空猫『…これでもか、ってくらい盛りつけてるわね』
dony『しょうがないんだ、これしか思いつかない』
魚を中央に立てて…
dony『魚を中央に立てて、さらにご飯を盛って固めて…』
タコとイカと白玉(?)を…
dony『タコとイカを左右に刺して、白玉で作った蛇みたいなのを魚に巻きつけて…』
   (何をやってるんだろう、俺は)

ルカ『あ、左右のバランス、気をつけてね。そこが大事なんだから』
dony(だからいつも最後にさわって整えてるのか…)
空猫『あとは、最後の仕上げね』
dony『ご飯にバジルソースを、白玉というか魚というか、頂上からからし酢味噌をかけて、ワカメを散らせば…』
   (あ、青ノリ使わなかったな)


シャロン・ド・トロワ
空猫『出来上がりよ。お……』

ルカ『…空猫、どうしたの?』
空猫『ごめんなさい。ついつい固まっちゃったわ。お、美味しそうね!』
dony『…よく言ったな、空猫』
ルカ『でもこれ、私が作ったのと、ちょっとどころかだいぶ違うよ?』
dony『完全に再現するのは無理だったよ。…まぁ、バーテル流とでもしておいてくれ』
空猫『ところで、なんだか写真がぼやけてない?』
dony『ああ、それは…。時間が経つにつれて、どんどん白玉がずり落ちてくるんだ…あるいは』
空猫『あるいは?』
シャロン・ド・斜塔
dony『こうなる。だから素早く撮らないといけないんだ。だからどうしても…な』
空猫『なるほどね。…ってこれ、傾いて倒れかけてるわね…』
ルカ『これはこれで、バランス保ってるみたいだけど』
dony『…嘘だろ?』
空猫『ううん、確かにこれ以上倒れたりはしなさそうね…』
dony『……謎だ……』
ルカ『名付けて、シャロン・ド・斜塔?』
dony『名前はつけなくていいから…。しかもそれ、訳したら「斜塔のシャロン」になるぞ』

空猫『さあ、あとはお楽しみタイムね!』
dony『…味を想像しただけで胃が痛いよ』
空猫『あ、そうだ! さっきのお客さん、まだいるわよね。これを…』
dony『出すのか? …大丈夫か?』
空猫『平気よ。サービスってことにしておくから。
    ――お客様、こちらはスペシャルサービスとなっております。どうぞ~』

アホ毛の客『…あぁ? 騒がせておいたうえにそんな悪いな……!!?』
ダサカコイイ客『…こ、これは!!!』
アホ毛の客『こ、コイツぁ……何故だ、見たことがない料理なのに、俺はコイツを知っている…!?』
ダサカコイイ客『奇遇ですね。私も全く同じことを考えていました。これが…デジャヴというものですか』
アホ毛の客『……これを、食えというのかぁ!?』
ダサカコイイ客『ですが、せっかくのサービスを無駄にするわけにもいきませんよ』
アホ毛の客『…ちっ、しょうがねぇ、チェスター! ガッツリいくぞ! ガッツリな!』
ダサカコイイ客『ええ、せーのでいきましょう、せーので』
『せーのぉ!!』  『せーの!!』

― 中略 ―

空猫『あのお客さんたちには、悪いことしちゃったわね』
dony『だから、言ったのに…』
ルカ『とにかく、まだまだ残ってるから、たくさん食べてね』
dony『結局そうなるのか…』
空猫『……ど、どう?』
dony『バジルソースのかかったご飯は、まだいけるんだが…。
    からし酢味噌のかかった白玉だけは、どうにも…察してくれ』

空猫『あの2人は一口だけで倒れちゃったけど、クロア君は大丈夫なの?』
ルカ『クロアは、何かに目覚めてるから平気なんだよね?』
dony『本人が作った料理に比べればな…。
    しかしこれ、どんどんからし酢味噌が下に垂れてくるのが致命的だな』

空猫『あー…からし酢味噌ご飯になっちゃったわね』
dony『とりあえず、食べやすそうな部分から…』
大量のご飯に大苦戦
ルカ『あとはご飯と白玉だけだね』
dony『タコとイカは茹でてあるからそのままでも食べられるし、さすがに魚を骨と頭だけにはしてないからな』
空猫『でも、まだまだあるわよ、これ』
dony『味はともかく、量がな…。ご飯3合炊いて、2合くらいは使ったような気がするし…』
空猫『とても一人で食べ切れる量じゃないわね。でも、頑張ればなんとかなるわよ!』
dony『無茶言うなよ…。俺、そんなに大食いでもないしさ。まぁ、時間かければなんとか…』
た、食べ……た……
ルカ『なんとかなったね』
dony『うぅ、もう入らないぞ』
 ※ 実際には食べ切るのに2日かかってます。魔物かコイツハ。

空猫『さて、唐突だけど、ここでお知らせよ』
dony『ん、なんだ?』
空猫『この店にはしばらく研修として来てたんだけど、そろそろ本店のほうに専念しないといけなくなったの』
ルカ『私も、本業が忙しくなってきたし、歌手としても人気が出てきちゃったから…』
dony『そうか…。そうすると、このコーナーを続けるのはちょっと難しくなるな』
空猫『大丈夫よ! これだけメニューがあれば、支店として立派にやっていけるわ!』
ルカ『うんうん!』
dony『…いや、このラインナップだと、逆に不安でいっぱいなんだが…』
ルカ『もぅ、心配性だなぁ、クロアは』
dony『…まぁ、なんとかするしかないか』
空猫『とにかく! これまでに来店してくださった皆さん、本当にありがとうございましたにゃおーん』
ルカ『ありがとうございましたっ! えへへ』

調合中…

この回がトウコウスフィアに掲載された日の日記を読む
ボンベルタン がお~ぶろぐ。支店 メニューに戻る
メニュー(トップページ)に戻る

  【BACK TO HOME】  


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。