アルトネリコ2考察メニュー

  •  クリックで開閉 →   OPEN

かうんた~

ブログ内検索

 

プロフィール

dony

Author:dony
何処かに生息している珍獣です。

カテゴリ

最近の記事・コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。 banner
バナーご希望の方はこちら↑

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2010
© 2010 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2007
© 2007 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ・アトリエシリーズ」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2006
© 2006 NBGI

ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

ガストゲームズサポーターズリンク「ロロナのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

グリオットの眠り姫
導きのハーモニー
□■ アルトネリコサーチ ■□
無料オンラインRPG「シルクロードオンライン」
© 2005 JOYMAX All Rights Reserved.
© 2005 GAMEON.CO.,LTD.

飛天online
©2003-2006 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania
Digital Entertainment Co., Ltd.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルトネリコ アンソロジーコミック +α

買いました~。書店で。
例によって、新刊は一日遅れな我が地元ですが、しっかり入荷してました。
先月出た、同じブレイドコミックス刊の「テイルズ オブ ジアビス vol.1」は見つからなかった覚えがあるのですが、
今回はアビスの vol.2 と並んで、アンソロジーの新刊コーナーに置いてありました。

しかしやっぱり、アルトネリコの公式絵を描いてる凪良さんが表紙を飾っているだけあって、目を惹きますね。
アビスも昨年末から今年の初めにかけてプレイして、好きな作品なんですけど、
表紙だけ見てどっちが買いたくなるかっていったら「アルトネリコ」のほうでしょう。
なので、アビスのアンソロジーvol.2 は今回買っておりません。それにだって、vol.1 もってないし。

中身については、「読んでから」という方もいらっしゃるでしょうし、折り返しますね~。

 
まずは扉絵から。
コミックブレイドMASAMUNEで連載中の「DRAGON SISTER!」のniniさんと、
アルトネリコのコミック版「Ar tonelico―arpeggio―」のあやめぐむさん。
このお二方が描かれてます。
前者はライナー・オリカ・ミシャ、後者はシュレリア様オンリーの一枚絵です。
特に、コミック版の作者あやめぐむさんが、ゲームのキャラをどう描くのか、というのは興味深いかも。
機会があれば、あやめぐむさんの描くオリカやミシャも見てみたいと思いましたね。

コミックは、アンソロジーですからほんとにいろいろです。
形式は4コマあり、1P漫画あり、短編あり
内容もギャグあり、真面目なのあり。オリカかミシャのどちらかが嫉妬する話がかなり多かったですね。
投稿作品も含まれているでしょうから、絵の良し悪しはどうしてもありますが、全体的には十分楽しめました。
ただ、ゲームキャラの設定、例えばキャラの一人称とかが違ってるのとかは、やっぱり気になっちゃいますね。
逆に、設定を活かした話やギャグなんかは、すごく面白かったです。
…まぁ、繰り返しますが、いろんな作品含めての、アンソロジーですから。

個人的には、明るいオリカとか、暗くて超ネガティブなオリカとか、黒オリカとか、
いろんなオリカを見れたので大変満足いたしました。
中には、年齢設定、かなり間違ってるんじゃない? と言いたくなるような
幼いオリカもいましたが…私は普通がいい…っていうかすでに別のキャラに見える。
一方、シュレリア様の登場回数は極端に少ないです。扉絵の他にあと1作品くらいでしたか。
隠し的な要素があるので、やっぱり出しにくいんでしょうかね。
登場した作品もミシャのコスモスフィアの中の「お姉さん」役でしたし。
…え? ああ、くうk、じゃなくて、ラードルフ?
意外と出てましたが、かなり可哀想な役ばかりでしたよ。らしいといえばらしい、けど。

コミックの中で一番のお気に入りは、最初の作品、花邑餅さんの「シルヴァプレートの悲劇」です。
典型的なギャグもの、でもしっかり設定を活かしてるし、なによりオリカが素敵過ぎます(笑
表面にこやかに笑ってるけど、黒すぎますオリカさん。さらにオチにネーミングセンスまで発揮。
ギャグ調なのでデフォルメしてあるところはとことんデフォルメされてますが、
そうでないところはしっかりキャラの特徴とらえて描いてますし、なおかつ描き手の個性も出てます。
トップにくるだけある、というところですか。このオリカはほんとツボりました。

あと、いくつかの作品で出てましたが、「ライナーに絶対領域がある」ことも初めて知りました(笑
思わず設定資料集で確認しちゃいましたよ。…えぇ、ほんとにありましたね…。


あと同時に、前から気になっていた「涼宮ハルヒの憂鬱」も買ってきました。
原作から入りたい性質なので、小説版の1巻と、コミック版の1巻を。
てゆか、すでに小説は8巻まで出ているんですね~。
続きを買うかどうかは、1巻を読んでからで~。


最後に。
アルトネリコアンソロジーで表紙・扉イラストを飾ったお三方のHPを紹介して、締めとします。

SEC 凪良さん
DELTA_online niniさん(小休止中、日記はあり)
ゆきあ屋オンライン オリジナル かなめ ゆきしろさん・あや めぐむさん

あやめぐむさんのサイトは、ゆきあ屋エントランスの「aya's room」から行けます。

<< 森と胡桃と、栗鼠と珍獣  【BACK TO HOME】  ドラマCD彌紗編聴きました(今更 >>


◆ コメント ◆

「」


先生!!
俺もハルヒ見たいっす!!


「」


まーだー読んでなーいー(o・_・o)


「」


あたしも、早くよみたい。
よーみーたぁーいー^^。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。