アルトネリコ2考察メニュー

  •  クリックで開閉 →   OPEN

かうんた~

ブログ内検索

 

プロフィール

dony

Author:dony
何処かに生息している珍獣です。

カテゴリ

最近の記事・コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。 banner
バナーご希望の方はこちら↑

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2010
© 2010 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2007
© 2007 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ・アトリエシリーズ」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2006
© 2006 NBGI

ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

ガストゲームズサポーターズリンク「ロロナのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

グリオットの眠り姫
導きのハーモニー
□■ アルトネリコサーチ ■□
無料オンラインRPG「シルクロードオンライン」
© 2005 JOYMAX All Rights Reserved.
© 2005 GAMEON.CO.,LTD.

飛天online
©2003-2006 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania
Digital Entertainment Co., Ltd.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシャルート進行中。

「ドラマCDアルトネリコ side 彌紗」が発売されたので、今更ながらミシャルートの続きをプレイしてます。
…えぇ、結局CD発売までにはクリアできませんでした。
んまぁ飛天やってるからなんですけどね(o・_・o)
週末とかまとまった時間取れる時にやろうと思ってたら、あれよあれよと。
というわけで、まだ届いたCDも聴いておりません。はい。
レビューとかもする予定ですが、もうしばらくお待ち下さい。というか読む人いるんでしょうか。。

2部の分岐後合流するところまでは進んでるので、もう聴いちゃっもいいかな~とは思うのですけれど。
せめて2部クリアしてから聴こう、と決めていたので一応こだわりで。
(ちなみに、パワード封印も羅針盤稼ぎ禁止も続けてます)


その代わりといっては何ですけど、分岐する箇所は終わったのでミシャルートの感想とか書いてみようと思います。
もちろん、合流するところまでの、ね。


もうかなり発売から日が経ってるので大丈夫とは思いますが、ネタバレっぽいの含みます。
続きから~。

 
 
 
 
 
雷刃雷華 雷刃雷華!!

はっΣ(o・_・ノo)ノ
ごめんなさい、画像がないと寂しいと思ったので入れたんですが豪快に間違えました。
ここからの内容とは全く関係ありません。でもたぶん誰も気付かないから、だいじょぶか。くうk(ry
仕切りなおし~!

波摩 何が間違えましたなのよ。絶対わざとやったに違いないのよ。

ミシャルートなので、ミシャを。
というのでは普通すぎるのでハマにご出演いただいたんですが、いらんことしたので叱られました。


― 閑 話 休 題 ―


えーまーほんとに、遊んでないでちゃんと書きます。

さて、オリカルートでは「リンカ → クロニクルキー」と繋がるあのシーンで不覚にも感涙してしまった私ですが、
もーさすがにCDで何度も聴いてるし、ミシャルートではだいじょぶだろ~、とか思っていたんです、が。

クロニクルキーが流れ始めてセリフ入った瞬間…ほろりと。

もともと涙腺弱くて、よく泣くほうなんですけど。
展開わかりきってるし、曲だって何度繰り返して聴いてるかわかんないのに。何でだろう。
やはりあのシーンは、両ルートともにアルトネリコ屈指の名シーンですね。


…なんですが。えぇ、その部分には満足なんですが。
ミシャルート(分岐部のみ)の全体的な感想としては… 短っ!!
オリカルートと比較すると山場が無さすぎる(※1)し、
主に行った場所が結局クレセントクロニクルと天覇研究所のみ(※2)、
おまけにライナーはいてもいなくても変わらないどころか、ミシャに対して酷いことを言うだけ(※3)で。

 ※1 オリカルートにはこのゲームで土屋氏が最も伝えたい「想い」が込められたシーンが存在する。
     本人の意思に反して内容が独り歩きして、別の見方をされちゃってますが。
     そのあたりは「~ほたる横丁 町民会報~」の第16回目の記事をご覧下さい。
 ※2 これら以外の場所は研究所奥に行くための過程にすぎない。
     彩音回廊やエレミア神殿中枢といった、新たな場所に行くオリカルートとは大違い。
 ※3 相変わらずミシャの気持ちを全くわかっていないライナー君。
     クロニクルキーを取り戻して元の姿に戻ったミシャに対して
     「コスモスフィアで見てるから今更…」はさすがに、ないよ。酷すぎるよ。
     そのあと追憶の尾翼で一旦記憶思い出すけど、3部入ったら忘れちゃうし、ねぇ…。
     このあたりが、ライナーの性格を「RT嫌い」から180゜変えたその名残なんじゃないかと個人的には思うのですが。


オリカルートだけでも、「ミシャは悲劇のヒロイン。不憫すぎる」
という感想を抱いていたんですが、それがより一層強くなりましたね…。
逆に言うとそれがあるから、クロニクルキーを謳うシーンでこみ上げてくるものがあるのでしょうけれど。
ミシャルートのライナーって、途中でミシャに酷いこと言ってパーティーから
無理矢理抜けさせるためだけにいるのではないのかとさえ、思います。
だってクロニクルキーの捜索、ジャックとクルシェがいれば全く問題ないじゃないですか。
それにひきかえリンカの捜索及びオリカの精神的な支えとなるのは…あの人あの人になるからなぁ。
任務遂行に関しては(色々言われてるけど2人ともかなり強いので)大丈夫だと思うんですけど、
あの壊れる寸前のようなオリカの状態を見る限り…やっぱりライナーがついててあげないといけないと思うんです。

そう思うのは私がオリカ派だからなんですけどね。


でも本当に、ミシャルートだけクリアしてこのゲームのテーマである
「絆や愛」「パートナーを信じること」
が感じられなかった、という方は、もう一度オリカルートでクリアしてみて下さい。是非に。


延命剤のシーンはいろいろ言われてますけど、初めてライナーがオリカを真の意味で「護った」シーンでもあるのです。
あのシーンがあってこそ、リンカを謳うシーンでのライナーの行動に意味が出るというものですから。



アルトネリコ関連の記事はもう不定期ですが、また次回ヾ(o・_・o)ノではでは

<< 飛天、正式サービス開始  【BACK TO HOME】  老師曰く、善き出会い哉 >>


◆ コメント ◆

「」


私も最近マザー3をやって涙しました・・・
ゲームで泣いたのは初めてだったのでちょっとびっくりですよ
泣けるゲームっていいですなぁ


「」


マザー3も泣けるらしいね。
やってみたいけどDSもGBAもないや(o・_・o)

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。