アルトネリコ2考察メニュー

  •  クリックで開閉 →   OPEN

かうんた~

ブログ内検索

 

プロフィール

dony

Author:dony
何処かに生息している珍獣です。

カテゴリ

最近の記事・コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。 banner
バナーご希望の方はこちら↑

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2010
© 2010 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2007
© 2007 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ・アトリエシリーズ」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2006
© 2006 NBGI

ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

ガストゲームズサポーターズリンク「ロロナのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

グリオットの眠り姫
導きのハーモニー
□■ アルトネリコサーチ ■□
無料オンラインRPG「シルクロードオンライン」
© 2005 JOYMAX All Rights Reserved.
© 2005 GAMEON.CO.,LTD.

飛天online
©2003-2006 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania
Digital Entertainment Co., Ltd.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティスト紹介 : みとせのりこ

光を集めるプリズムの声 ~みとせのりこ

女性歌手。
幼い頃に教会の聖歌隊で音楽に触れるが、その後は絵画や文章・芝居などの活動をしていた。
1993年に井上俊彦と「kirche」を結成、音楽活動を始める。
現在では他にもナルキと組んだユニット「ORITA」や、ソロでの活動も増えている。
またその経験からか、他のアーティストの作品にコーラスとして参加することも多い。
ZABADAK「IKON」コーラス、工藤順子「平日マチネー」コーラス など)
ソロ活動での代表的な作品にはPS「クロノ・クロス」のEDテーマ「RADICAL DREAMERS ~盗めない宝石~」などがある。
アルトネリコではシュレリア役(歌唱部)を担当。また、ミュールの詩も担当している。

とても透明感のある、包み込むような優しい歌声を持つ。
別の表現をするとすれば、天使の歌声癒しの歌声
またその歌い方は非常に可愛らしく、聴いているとほんわかとした気持ちになれる。
(声だけじゃなくて歌い方そのものが可愛い、という意味)
  よくわからない方のために具体的に例を挙げると、音を伸ばす時にただ単に「とーどーけたーいー」
  と伸ばすんじゃなくて、「とぉどぉけたぁ~い~~」のように音を揺らしながら歌うような感じ。

もちろん全ての曲がそうなわけではないけど。
ようするに、舌ったらずな歌い方。嫌いな人は嫌いかもしれない。
私はというと、こういう歌い方大好きです。むしろ弱いです
アルトネリコをプレイしてから聴くと、シュレリア様のイメージにぴったりなことがよくわかると思います。

届いていないCDのほうが多いので、お勧めと言えるのか謎ですが
個人アルバムの『crochet』『savon』はどちらもお勧めです。
アルトネリコのシュレリア様やミュールが好きな方は、もちろん月奏を。
特に癒されたいと思っている人にはみとせさんはお勧めかも。


・みとせのりこさんのHP
みとせのりこの部屋~snowblanc~

 - kirche(井上俊彦 , みとせのりこ)
  架空庭園

 - ORITA(ミトセノリコ , ナルキ)
  ORITA Official Website

<< アーティスト紹介 : 霜月はるか  【BACK TO HOME】  アーティスト紹介 : 石橋優子 >>


◆ コメント ◆

「」


 考察とかも楽しみにしていますー(笑
みとせさんは個人的にはオリジナルソロの「夜音標本」かなぁとは思います。参加している作曲家も凄い方ばかりでしたし、歌い手としてのみとせさんはこれ一枚知っておけば、といえそうな出来かと。
 あとは唱歌やキルシェも素敵ですが、そちらはやっぱりライヴで、ですかねー。とはいえ地方からはなかなかいけないのですけど…(泣


「」


pvoさん初めまして、コメントありがとうございます~。
「ヨルオトヒョウホン」もいいですよね~。
この記事にも「届いてないCDが多い」とありますが、
実はこの記事を書いたのが2006年の3月の終わりで、
「ヨルオトヒョウホン」が手元に届いたのは5月の終わりだったのです。

(過去日記探していただくのもなんなので。これです)
http://gaoo.blog55.fc2.com/blog-entry-97.html

それと、考察記事も読んでくださってるようで、ありがとうございます!
…最近あんまり書けてないので、続きを書かなくちゃいけませんね。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。