アルトネリコ2考察メニュー

  •  クリックで開閉 →   OPEN

かうんた~

ブログ内検索

 

プロフィール

dony

Author:dony
何処かに生息している珍獣です。

カテゴリ

最近の記事・コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。 banner
バナーご希望の方はこちら↑

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2010
© 2010 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2007
© 2007 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ・アトリエシリーズ」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2006
© 2006 NBGI

ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

ガストゲームズサポーターズリンク「ロロナのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

グリオットの眠り姫
導きのハーモニー
□■ アルトネリコサーチ ■□
無料オンラインRPG「シルクロードオンライン」
© 2005 JOYMAX All Rights Reserved.
© 2005 GAMEON.CO.,LTD.

飛天online
©2003-2006 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania
Digital Entertainment Co., Ltd.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロールプレイのこと : 織香編

以前予告しながら、なんやらいろいろあって書いてなかったので、そろそろ。
オンラインゲームでのロールプレイについてのお話です。

 
織香というキャラクターは、キャラ紹介にもあるように、元ネタとなったゲームが存在します。
そのためキャラ作成時、できるだけ元の設定に近づけています。
詳しくは上のリンク先を見てください。
補足すると、織香、もといオリカは詩魔法という魔法を使うため魔法型。
炎の魔法を得意とするので火属性メイン。あと回復含む魔法をいろいろと、といった感じ。
ただ、シルクロードは武器が剣と槍と弓しかないので、ちょっとひねります。
どんすけオリカは心の中に守護者のような存在がいます。
それがこのどんすけ

一見クマに見えますが、実はトラです。よく見ると縞があるでしょ。
(まぁ私も最初見たときからしばらくはクマだと思ってましたが)
一人称は「拙者」でマントをはおい、頭に鍋をかぶっています。
ただ、一番注目したいのは腰にさしている刀です。

そうです、オリカだけでは設定しきれないので、心の護であるどんすけと合成しちゃったのです。
それで、剣使いなんですね。
あまり調べなかったので、知型の剣に火属性があまり向かないことなど作成時には思いもせず。
でも結果的にあんまりいないタイプになったのでそれはそれでよしとする。
ええ、人があまりやらないことをやるほうが好きですから(ファミコン診断テストの結果参照)
まぁイメージ優先で作ってるので、これでいいんです。

そしてこれをイメージ化すると、こうなります。
イメージAAそのいち。
※実際のイメージとは異なる場合があります

…あ、いくらなんでも間違えました。こっちです、こっち。
イメージAAそのに。 ※実際のイメージとは(ry
…………。
はい、ただ単にAA貼りたかっただけです。ゴメンナサイ。
でも下のは闘神状態の時こんなかなーと、思ったり、思わなかったり。


キャラ作成に関してはこんなところ。あとは口調にもかなり気を遣っています。
実際の口調を真似たりは(あんまり)しません。ネタとしてならやりますが。
(それに一人称を「あたし」にするのはさすがに意に反するし)
かなり親しい間柄とか、感情を顕わにしたりすると、素が出ることもありますけど。

あとは、語尾に気を遣ったりしますね。気になったら手直しするくらい。
例えば、「~だな」とするところを「~だね」とか「~ね」とするだけでだいぶ違います。
他にはケースバイケースで使い分けたり。これも一例を挙げてみます。
口調の使い分け例
囁きの相手が初対面、というのもあるのですけど。
同時に複数の相手に対して別々の口調を使うのはなかなか気を遣いますよ。
ましてやロールプレイもしようとなるとなおさら、です(上のはあんまりしてないけど)


これだけでは面白くないので、ちょっと趣向を変えて。こんなのを考えてみました。
とある状況に陥った時の、キャラ設定によるセリフの使い分け例です。
どんな状況かは、セリフから感じ取ってみてください。

「ここはあたしにまかせて! サポートよろしくね♪」
「私が、止めてみせます…皆さんは早く逃げてください!」
「待って! まずはボクが様子を見てみる。…きっと弱点はあるはずだから」
「僕が…やるしかないんだ…やるしか…!」
「くっ! ここは危険だ、私が食い止めているうちに、早く! さあ行け、行くんだ!」
「こいつは俺に任せてもらおう。雑魚は任せたぜ! うおおぉぉぉ!!」
「オルテガ! マッシュ! ジェットストリームアタックをかけるぞ!」


最後に変なの混ざりましたが、どういう順番で並んでいるかわかるかな?
いやいや、もしかしたら最後のだって、こういう状況なのかもしれませんよ?
これも、一種のロールプレイです。このお三方は、パフォーマーとして一躍有名になったりしてました。
MoEはこういうパフォーマンスをする人が多くいて楽しかったなぁ、と昔話をしてみたり。
そうそう、こないだやったアレ(記事の下のほう)も、同じような感じのロールプレイと言っていいでしょうね。
なりきりプレイというか、ごっこ遊びというか、なんというか。楽しければいいんです。


色々と節操なしに書きましたが、つまり何が言いたいかというと。
時と場合によってロールプレイしてたりしてなかったりするけど、
それに対して普通に接してくれればそれで私は満足です
、ということです。
MMORPG(ロールプレイングゲーム)ですもの。演じて何ぼ、と思ってプレイしてます。
最近は、敵倒してレベル上げて~というのがRPGだと曲解されがちですけど、ね。

<< なんか すごく 似てると 思う~!  【BACK TO HOME】  OVA観ました…あと添削。。あぁ… >>


◆ コメント ◆

「」


私が、止めてみせます…皆さんは早く逃げてください!

死亡フラg・・・げふん、ごふん


「」


大丈夫、横に
「お前一人行かせられるかよ…俺もつきあうぜ」
って言う主人公がいるから、そんなフラグ無効。


「」


WarRockを身内でやる時は音声chatモードで韓国鯖に乗り込んでるわけですが
マイクの手元に着ボイスを用意しておきましょう。

「俺が出る下がっていろ!」

と、どこからとも無く拾ってくるのです。

「インパルス発進スタンバイ!」
とか少し間違った音声もたまに流れますが。

話それましたがレス完了 あでゅー


「」


きりしまんいらっしゃーい、おひさしぶりー。

そんなマイクの使い方もあるのねぇ、ネタはよくわかんないけどなんか楽しそうだね。
…ってセリフそのまま検索したら出てきた。見てないんだよねぇ、種。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。