アルトネリコ2考察メニュー

  •  クリックで開閉 →   OPEN

かうんた~

ブログ内検索

 

プロフィール

dony

Author:dony
何処かに生息している珍獣です。

カテゴリ

最近の記事・コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。 banner
バナーご希望の方はこちら↑

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2010
© 2010 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2007
© 2007 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ・アトリエシリーズ」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2006
© 2006 NBGI

ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

ガストゲームズサポーターズリンク「ロロナのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

グリオットの眠り姫
導きのハーモニー
□■ アルトネリコサーチ ■□
無料オンラインRPG「シルクロードオンライン」
© 2005 JOYMAX All Rights Reserved.
© 2005 GAMEON.CO.,LTD.

飛天online
©2003-2006 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania
Digital Entertainment Co., Ltd.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミック版の感想とか

発売からしばらく経ったので、そろそろコミック版の感想などを。
…感想というか、まぁ、主人公のことについてが主なんですけど。

とその前に、アーティスト紹介ページ更新しました。
まだ途中、というか志方さんの紹介文しか書けてません。
いつになったら各CDの紹介をできるのか謎ですが、まぁまだ届いてないのもあるので。
気長にお待ちください。

あと、やはり最新のコメント欄では紹介記事へレスを付けづらいだろうということで、
一時的に紹介記事のコメントとトラックバックの禁止設定解除しました。
問題なければこのままにします。


では、コミック版のお話へ。
まだこれから読もうと思っている人は、ネタバレ含むので注意!

 


(念のため多めに改行)



さて、コミック版『Ar tonelico - arpeggio -』についてです。
まず、この話にはゲームに出てきたライナーやオリカやミシャたちは一切出てきません。
世界観だけが同じで、全く別の話。登場人物も別です。
なのでいわゆる「ゲームのコミカライズ版」というわけではないですね。
ですが、アルトネリコの魅力がその世界観にあることを考えると、
さらにソル・シエールの世界に浸りたい人にはたまらない内容かもしれません。

私は速攻でヒロイン・ソネットの謳っている詩魔法のヒュムノス語を
ヒュムノサーバーで訳しましたが何か(o・_・o)?
もうだいぶ訳さなくても意味がわかるようになってきた自分が怖い。
えっと、ソネット「gagis(ギャギス:自分はどうなってもいい、の意)」使いすぎw
まぁなんだかすぐに倒れて寝込んだりするので、なんらかの事情はありそうですが。
ただ、レーヴァテイルとしての能力自体はオリカやミシャを遥かに上回りそうです。
もしかしたらある意味シュレリア様より強いかも。前衛いらないもんw
とにかく、意志も強いし精神的にもかなり強い娘ですね。ソネットは。

それからサブキャラのテル族の少年・アダジオがいい味出してます。
テル族の秘密が少しわかったりもするので、そういうの知りたい人にもお勧め。


・・・・・・・・・・・・さて。
この物語の、主人公・エスパーダ君、準備はいいですか?
購入直後の日記で「ライナーより酷い奴」だと書きましたが、それについてです。
あまりにもライナーの例のセリフが酷すぎたため、皆耐性ができたのかそれほど殴られてませんが…。
とりあえず説明の前に、彼が何をしたのか解説してみましょうか。

主人公達3人が初対面の状況で、
・ソネット「(エスパーダの持つ剣(※1)を)ゆずってくれ、たのむ!」
 エスパーダ「だが断る」
・アダジオ、ソネットが腕に身に着けている衣服(か何か)に注目する
・エスパーダ「お前まさか…」ソネット「あ…あのっ…」
 エスパーダ、ソネットの右腕を無理矢理引っつかんで衣服をめくり、インストール・ポイントを発見する
・エスパーダとアダジオ、ソネットがレーヴァテイルであることを悟る
エスパーダ「成る程な。よーく解った」「じゃあな」と、ソネットに背を向けて立ち去ろうとする
・ソネット「…そうですか。それなら仕方ありません」 効果音:ドドンッ 詩魔法発動
 さらに続けて『Was i ga exec sos ar lir !』(光属性の赤魔法(※2))
・ソネット「(その剣を)ころしてでもうばいとる」

※1:死んだ父親の形見の剣。世界を救うためのヒュムノスが埋め込まれている
※2:詩魔法の中でも攻撃に用いるものをそう呼ぶ。

…あ、ごめん、最初と最後だけセリフ間違えた
ええまあ、これだけじゃ私が何を言いたいのかわからないと思いますが。
コミック1巻の最後のページに「BONUS STAGE」というおまけページがあります。
そしてそこにはこう書かれています。

・レーヴァテイルはインストール・ポイントを人の目に付かないように衣服で覆って隠す
・そして自分のパートナー以外の他人にそれを見られてしまうことは
 レーヴァテイルにとって『最大の屈辱』(ゲームやった人ならわかるはず)

ソネットのインストール・ポイントは右腕にあるため、かなり目に付きやすい場所と言えるでしょう。
それをエスパーダは無理矢理見た挙句、レーヴァテイルとわかった途端
関わりたくないから、と踵(きびす)を返したのです。
(主人公・エスパーダは過去の出来事によってレーヴァテイルを嫌っている)

つまりわかりやすく現代に置き換えてみるとこうです。
・エスパーダ、ソネットの衣服を無理矢理剥いで大事な部分を凝視する
・「なんだ、○○か(←酷い人種差別用語が入ると思って下さい)」「じゃあな」

・・・・・・そりゃ、ソネット怒るわ!w
持ち前の意志の強さで「力ずくとなとうとも、その剣を渡していただきます」
と言うソネット、ととることもできます。もちろんそれもあるでしょう。
でもこうして考えると、
「インストール・ポイントを無理矢理見られた挙句ぞんざいに扱われたため、キレて攻撃態勢に入った」
というのもあるのではないかと思われます。

とここまで書いたところで臨界点を突破したのでもう一回だ! 一度ですむと思うなよ!
エスパーダ、オマエモカ!
こやつのために新たに画像編集するのも馬鹿らしいので使いまわし。
まぁ、まだ現在連載中ですし、エスパーダにもそれなりに辛い過去がありますし、
今後何らかの形でフォローが入ると信じましょう。
決して、ライナー君のようになっては、いけないぞ!

あと面白いのは、コミックのカバー外すと裏表紙に書いてあるのですが、
この「レーヴァテイル嫌いの主人公」という設定は元々ライナーの初期の性格だったそうです。
と考えると、ゲーム中ライナーが所々で酷いことを言っている理由がなんとなく想像つきますね。
シナリオがある程度まで出来た段階で、性格だけ正反対に変えた、というのが私の考察です。
それで矛盾が生じた、と。まぁ、あくまで私個人の意見ですけど、ね。

ああそれと、「何故ラードルフがオリカのインストール・ポイントの位置を知っていたか」
について、彼に小一時間問い詰める必要がありそうですね!

コミック版読んだ皆さんのご感想も聞けたら、嬉しいですヾ(o・_・o)ノ

<< シルク4コマ劇場 其の壱  【BACK TO HOME】  Go to NEXT STAGE ヾ(o・_・o)ノ >>


◆ コメント ◆

「」


ちょっと見たけど、あれはヒドイ漫画だ…。


「」


世界観が気に入れば面白いんだけどね~。
まぁ人それぞれだヾ(o・_・o)ノ


「」


○(#゚Д゚)=(  #)≡○)Д`)・∴'ドゴオオオオオ


「」


支援ありw


「管理人のみ閲覧できます」


このコメントは管理人のみ閲覧できます


「」


>> うえのみえないひと
隠す必要があるとは思えないけど、きっとシャイなんでしょうね、あなたは。
うん、言われてみたら似てるね。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。