アルトネリコ2考察メニュー

  •  クリックで開閉 →   OPEN

かうんた~

ブログ内検索

 

プロフィール

dony

Author:dony
何処かに生息している珍獣です。

カテゴリ

最近の記事・コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。 banner
バナーご希望の方はこちら↑

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2010
© 2010 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2007
© 2007 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ・アトリエシリーズ」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2006
© 2006 NBGI

ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

ガストゲームズサポーターズリンク「ロロナのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

グリオットの眠り姫
導きのハーモニー
□■ アルトネリコサーチ ■□
無料オンラインRPG「シルクロードオンライン」
© 2005 JOYMAX All Rights Reserved.
© 2005 GAMEON.CO.,LTD.

飛天online
©2003-2006 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania
Digital Entertainment Co., Ltd.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミック「Ar tonelicoⅡ」 (3)

コミック版「アルトネリコ2」第3巻の紹介記事です。


それではさっそく折り返し~。例によってネタバレ注意~。
(2巻の時と扉一緒じゃん! 手抜きじゃん!)

 
■描き下ろし関連(表紙など)
表紙タルガーナ
コミック版のストーリーにおいては重要人物として描かれているので、当然でしょうね。

カバーを外した表面には、1,2巻と同じようにタルガーナの簡易紹介文と絵

裏面には2巻と同じく4コマが2点
やっぱりというかなんというか、インフェルエンザが猛威を振るっていますが、クロアには効かないようです。
クローシェ様は…そんなにスープ背負いたかったのか。

巻頭カラー描き起こしには、ジャクリの1枚絵と、フレリア様と瞬ちゃん(目次兼)
フレリア様の絵、これはメタファリカ後かなー。嬉しそうです。
…で、瞬ちゃんは、何、花くわえてるんですか? そんなにバラの武器が気に入りましたか?


■感想
まずは注目点から。
最初に思うのは、「よく1クール(13話分)でまとめたなぁ」ということ。
(雑誌でクールという表現をするのかどうかはよくわかりませんけど)
ゲーム本編のストーリーを、ぎゅっと凝縮して短くしてるにもかかわらず、無理なく無難に収めた感じ。
ゲームとコミックというメディアの違いはあるのでしょうけど、物語の展開はコミック版のほうがスッキリしてますね。
その分、確実に様々な要素が大幅に足りなかったりはするわけですけども。

・各種ヒュムノス詠唱
 今回登場したのはハイバネーションサブリメイションwithメタファリカ
 やはり、あやめぐむさんなりのヒュムノス表現がされていて趣深いです。
 カナで読みが書いてありますから、ヒュムノサーバーで意味を調べやすいのも親切ですよね。

 あの長い長いハイバネーションが、たった2,3ページで止まってしまうあたりはさすが超展開というかなんというか。

 サブリメイションは、まさかルカの体を乗っ取ってネネシャを降臨させるとは思いませんでした。
 ヒロイン選択があるゲーム本編では決してできない演出ですね。
 コミック版のように単一展開なら、こういう演出もアリだと思いました。

 withメタファリカは、ヒュムノスのダウンロードが謳う直前になるとは予想してなかったです。
 ルカとクローシェ(とI.P.D.達)はもちろんのこと、途中でジャクリが謳いだしたり、インフェルの励ましも詩になってたりして、
 実際に歌曲になったらものすごく豪華だろうなー、と思いました。

・ブースターランスの意外な使い方
 ブレイド誌にこの話が掲載された当初、話題になってましたね。
 そうかー、これのことかー。
 個人的にはランスの使い方よりも、大鐘堂が崩落してることに突っ込みたい。
 局地的に感覚が失われた!? 話の展開上、仕方ないんですけども。

・「おねえちゃん…!」「聆珈!!」
 ここは、ゲーム本編でも屈指の感動シーンだと思うんです。
 わかってるのに、コミック版でもほろりときてしまいました。
 えーえー、どうせゲームではこのシーンまで「クローシェ=聆珈」に気付きませんでしたよー!

・ソル=マルタごと降りてくる
 ヴィーナを謳うシーンを入れる余裕はなさそうだし、どうするのかと思ってたらそっちから来ますか
 でもあれって人工衛星…しかもたぶんもっと大きそう…なんだけど話の都合上目をつぶるしかないか。

・タルガーナとアルフマンの共闘
 これはお互いの立場を考えると、けっこうアツイです。
 ジャンプ的展開もスピーディ!
 そして結局最後まで出てこなかった変太とワシヒゲ編集長に敬礼!

・エピローグ
 「なぜクロアとルカがソル=シエールに行く必要があったのか」
 「クロアがソル=シエールに行くのに、どうしてジャクリはメタ=ファルスに残っているのか」
 …などなど、いろいろと議論がされていた時期もあったようですが、
 (私は最終話掲載の本誌6月号を買ったものの、途中の月が抜けてて
 読むに読めない状態だったので、議論自体は読んでませんでしたが)
 3巻のあとがきを読んで納得がいきました。
 そうか、ソネットは記憶を失ってしまいましたからね。
 前作(アルペジオ)での心残りを、クロアとルカに託したわけですね。


…ところで、2巻のレビューで、こんなことを書いていました。

ネネシャの存在すらカットされて、ラスボスがタルガーナでクロアと決闘して、メタファリカ謳って終了、
という展開になるのではないかと予想してみます。


…さすがにネネシャは出てきますか。乗っ取りという形でしたけど。
というか、インフェルいつの間に実体化してたんだー!

とにかく、スケールの大きな話でしたね!!!
↑の意味がわからない方は、コミック3巻を買ってカバー裏の4コマ読んでください。
あ、カバー外さず目を凝らして見てても、透けることはないですからね!


…いかん、感染したようだ。……元からか(o・_・o)

<< 祝! アルポータル2周年!  【BACK TO HOME】  アルトネリコ2 4コマアンソロジーコミック >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。