アルトネリコ2考察メニュー

  •  クリックで開閉 →   OPEN

かうんた~

ブログ内検索

 

プロフィール

dony

Author:dony
何処かに生息している珍獣です。

カテゴリ

最近の記事・コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。 banner
バナーご希望の方はこちら↑

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2010
© 2010 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2007
© 2007 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ・アトリエシリーズ」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2006
© 2006 NBGI

ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

ガストゲームズサポーターズリンク「ロロナのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

グリオットの眠り姫
導きのハーモニー
□■ アルトネリコサーチ ■□
無料オンラインRPG「シルクロードオンライン」
© 2005 JOYMAX All Rights Reserved.
© 2005 GAMEON.CO.,LTD.

飛天online
©2003-2006 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania
Digital Entertainment Co., Ltd.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャクリドリンク………

ルカ『新装開店したけど中身は一緒な「がおベルタン」第6回だよ』
dony『……またそんな、身も蓋もないことを……』
空猫『だって、事実だもの』
dony『まぁ確かにそうなんだが……。ところで、ここ最近よく来るよな、ジャクリは』
空猫『もうこれで3回連続よね?』
蛇刳『することなくて暇なのよ。なんだったら、バイトで入ってあげてもいいわよ? ツン担当として』
dony『…いやここ、そういう店じゃないから…』
蛇刳『あら、こんなメイドみたいな格好の看板娘までいて、否定する気?』
dony『確かに似てはいるけど、フレリア様のバイナリ野で見たような店とは似て非なるものだぞ』
蛇刳『同じようなものでしょ? …まぁ、いいわ。早くアレを作って見せてもらわないといけないし』
dony『…駄目もとで聞くが、どうしても作らないと駄目か?』
蛇刳『聞くだけムダね』
dony『…………わかったよ、作ればいいんだろ、作れば…。ちょっと材料見繕ってくる…』
ルカ『いってらっしゃーい』
空猫『ところで先輩、クローシェ様は?』
ルカ『さすがに公務が忙しいから、毎回は無理だって言ってたよ』
空猫『そう…。まぁ、それはそうよね』

……

dony『…ふぅ。こんなもんかな』
空猫『お帰りなさいませ~ご主人様…じゃなくて、料理長さま?』
dony『いつのまに料理長になったんだ、俺は。…というか、料理長にそんな挨拶しないだろ』
空猫『…もう、ノリが悪いんだから』
dony『悪かったな…。とにかく、材料を集めてきたぞ』

■材料(1人前)  ※画像はクリックで拡大。カーソルをのせると説明もでます
緑色のモノとかゼリーっぽいのとかなんか色々
 緑色のモノとか
 ゼリーっぽいのとか
 なんか色々 思いつく限り


dony『…あとは画像を見て判断してくれ…』
ルカ『あはは……かなり投げやりになってるね』
空猫『一応説明しておくと、くず粉、片栗粉、抹茶の粉、青汁の粉、明日葉かんてんの粉、
    ゼラチンパウダー、おしるこの素、緑の野菜ジュース
ね』

dony『思いついたもの、その辺にあったもの、全部集めてみたよ…』
ルカ『いくつかは、お便りをもとに選んだんだよね?』
dony『あぁ。青汁と片栗粉はEさんから、くず粉と抹茶とおしるこはHさんから頂いたアイデアを参考にしたんだ』
空猫『それって、ほとんど自分のアイデアじゃないってことじゃない?』
dony『本当に感謝してるよ…。最初はスライムの作り方とか調べて、
    これじゃ絶対食べられないしなぁ、とか思ってたからな…』

蛇刳『……スライムじゃないって言ったでしょ?』
dony『いや、ジャクリが作ったアレは、まさにスライムそのものだったぞ…。
    まぁ、本当に食べられるものとして再現できるのかどうか、悩んでいたのは確かだけどな』


……

dony『それじゃあ作ってみるか…。あらかじめ言っておくが、用意した材料を全部使うとは限らない
ルカ『え、どうして?』
dony『とりあえず、思いついたものを集めただけだからな…様子を見ながら加えていこうと思う』
空猫『あら、行き当たりばったりってこと?』
dony『一応最初に入れる分量だけは考えたけどな。葛餅の作り方を参考にして』

■分量
くず粉(25g) 片栗粉(大さじ1) 抹茶・明日葉かんてん・青汁の粉(それぞれティースプーンに軽く1杯)
※ 葛餅の作り方を参考にしていますが、当然この作り方では葛餅は作れないのでご注意ください (そりゃそうだ)

dony『まずは、くず粉を鍋に入れて細かく砕くんだ
    そのあとに、片栗粉、抹茶の粉、明日葉かんてんの粉、青汁の粉も加えてさらに混ぜる

粉を混ぜたところ
dony『これはまだ途中だからな。もっとくず粉が粉々になるまで混ぜるんだ』
空猫『細かく砕いておかないと、“ダマ”になっちゃうものね』
dony『…で、普通ならここで水を加えるんだが…緑の野菜ジュースを200cc入れてみよう
    あと、あえて砂糖も入れないでおこう』

空猫『さあ、もう後戻りはできないわよ』
dony『わかってる…。200cc一気に入れるんじゃなくて、少しずつ加えながら混ぜてなじませるんだ
    よく混ざったら、中火にかけて絶えずかき混ぜる!

最初は中火で。絶えず混ぜること!
ルカ『絶えず? 混ぜるの止めたらどうなるの?』
空猫『一瞬にして焦げ付くわ。底が』
ルカ『あ、ほんとだ。……って、焦げてるよっ!?』
dony『…しまった』
蛇刳『撮影なんてしてるからよ』
dony『分析してる暇があったら、どっちか手伝ってくれよ…』
のり状になったら弱火で。あるいは火を止めて、さらに混ぜ混ぜ
dony『のり状に固まってきたら弱火にするか火を止めて、さらに混ぜる
空猫『…なんだか近づいてきてない?』
dony『かも、しれないな……。さて、こんなもんでいいか』
空猫『コップに移しかえて…って、あら』
ちょっと焦げちゃった
ルカ『見事にドロドロになっちゃったね』
空猫『成功…かしら?』
dony『…よかった。本当によかった。思った通りにならなくて2杯目作成とかになったらどうしようかと思ってた』
空猫『切実ね…。とにかく、これで…』

完成…させちゃった ジャクリドリンク コップにへばりついて落ちません… スプーンで持ち上げると…
空猫『出来上がりよ。美味しそうね』

dony『……本気でそう思ってるか?』
空猫『…そう思う?』
dony『…………いや、悪かった。だけど、まさかここまでソックリになるとは…』
蛇刳『当たり前でしょ? 私も作ったんだから』
dony『においまでは再現できなかったけどな。いや、したくないけど』
ルカ『ねぇねぇ、味は?』
dony『あ、ちょっと俺、急用が…。……冗談だよ、食べればいいんだろ、食べれば!』
ルカ『……どう?』
dony『…………。ものすご~~~く濃い、青汁の味だ……』
空猫『…きつそうね』
dony『…あぁ、うっかり味わったりすると…うっぷ。……だめだ、せめて何か飲み物をくれ…』
空猫『仕方ないわね』
dony『ただし、青汁とか抹茶はやめてくれよ』
空猫『あら、残念だわ』
dony『出そうとしてたのかよ…うわ、これ、よく混ざってなかったのか。くず粉がダマになってるぞ』
蛇刳『ほら、全部食べないとオカリナ持った子に叱られるわよ?』
dony『わかってるよ…。あぁ、普通に砂糖も入れて、抹茶入り葛餅にしたら美味しいだろうになぁ』
空猫『でも、一応健康食品を多く使ってるから、意外と体には良いのかもしれないわね』
dony『そうかもな…よし、薬だと思って食べよう』

……

あと少し…
ルカ『あと少しだよっ!』

……

完食!!
dony『食べきった…ぞ』
蛇刳『やるじゃない。…でも、詰めが甘いわ。最後は「まずい! もう一杯!」って言うものよ』
dony『どこで覚えてきたんだよ、そんなの…』
空猫『でも、よく食べきったわよね』
ルカ『うんうん、頑張ったね~』
空猫『これは、お店の目玉商品になるわね!』
dony『…いや、お客さんに出しちゃ駄目だろ、これは…』


この回がトウコウスフィアに掲載された日の日記を読む
がおベルタン メニューに戻る
メニュー(トップページ)に戻る

<< ジャクリシチュー……?  【BACK TO HOME】  オボンヌ粥オボンタ入り >>


◆ コメント ◆

「やってくれましたw」


やりましたね!
とうとうやってくれましたね!!ジャクリドリンク!

待ってましたと言わんばかりにトウコウスフィアを
眼前に吹きましたww

いつかはやってくれると思っていたので
かなり嬉しいですw

次はぶぶ漬けかな?w

そろそろ薬調合も行う時期かもw
そしたらグフとか作って欲しいなぁ・・・

それでは駄文失礼致しました


「> ハムの人 さん」


ありがとうございます!
> 「やってくれましたね!!」
この言葉が一番嬉しいかもしれません。今回は。

次は…どうしましょうかねぇ。
確かに料理以外に挑戦するのも面白そうですね。
武器は無理そうですがw


「おぉぅΣ」


よくここまで再現できましたねw
そしてちゃんと飲み干す?食べきる?どっちかわかりませんが食べ物を粗末にしないその心もスバラシイです><

余談ですが私のさぽているはダイブできず初期状態のままということになっていますorz


「> ポムンさん」


ジャクリシチューを再現できなかったので、今度こそはと思ってました。
ジャクリは「ドリンク」だと主張していますが、飲み物ではないですね、あれは。
だって、噛めますもの。

さぽている、ログインできないのですか?
うーん、公式サイトへのバナーが貼られていないか、うまくリンクできていない、
あるいはパスワードが間違っている、くらいしか思いつきません…。
どうしてもログインできないなら、サポートに問い合わせてみるといいかもしれませんよ。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。