アルトネリコ2考察メニュー

  •  クリックで開閉 →   OPEN

かうんた~

ブログ内検索

 

プロフィール

dony

Author:dony
何処かに生息している珍獣です。

カテゴリ

最近の記事・コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。 banner
バナーご希望の方はこちら↑

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2010
© 2010 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2007
© 2007 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ・アトリエシリーズ」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2006
© 2006 NBGI

ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

ガストゲームズサポーターズリンク「ロロナのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

グリオットの眠り姫
導きのハーモニー
□■ アルトネリコサーチ ■□
無料オンラインRPG「シルクロードオンライン」
© 2005 JOYMAX All Rights Reserved.
© 2005 GAMEON.CO.,LTD.

飛天online
©2003-2006 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania
Digital Entertainment Co., Ltd.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のお買い物

アルトネリコ1のアンソロジーを買ってきました。ちゃんと発売日にあったよ。
一方ゲーマガはまだ1月号が置いてありました。…やっぱり雑誌類は確実に1日遅れる我が地元。

そしてそして…昨日はさらにでっかいお買い物。なんと…!
とうとう、手を出しちゃいましたよ、アレに。
5.1chサラウンドヘッドホンに!

donyのH.C.D.レベルが1上がった!

※ 『H.C.D.』とは、「Hymmnos Concert Dependency」の略で、ヒュムノスを聴かないと禁断症状が(以下略


いやまぁ、今使ってる普通のステレオワイヤレスヘッドホンの耳当てスポンジがもうボロボロで、
クイックルワイパーのシートを半分に切ってクリップで無理矢理止めて、耳当て代わりに使っているという
すごい状況だったので、そろそろ買い替え時かなぁとは思ってたんですけれども。
替えの耳当てメーカーに送ってもらう手もあったけど、かなり昔の商品だからあるかわからないし、
どうせサラウンドヘッドホン欲しいし、それなら~ってことで。

ということでアンソロジーの紹介は置いといて(発売直後だし)、
今回はサラウンドヘッドホンの使用感でも書いてみようと思います。

 
■購入編

最終的に購入したのは、ONKYOMHP-AV1という商品。
でも、実は最初に買おうと思ってたのはpioneerSE-DIR800CⅡでした。
店頭で視聴した同じくpioneerSE-DIR2000Cの音が非常に良かったので、興味を持ったんですが
これは店頭価格で45000円くらいしていたので、かなり予算オーバー。
そこで800CⅡにしようと思ったんですが、こちらは在庫切れ。
特にメーカーにこだわりはなかったので、在庫があるVictorHP-W1500を買って帰りました。最初は。
在庫残り1個で、Pioneerの商品より5000円ほど安かったのも決め手だったんですが…。

家に帰ってさっそく試してみると、あれ、音が鳴らない
おかしいなと思っていろいろ試した結果、本体の真正面30cmくらいまでしか赤外線が届かない。
ちょっとでも後方や上下にずらしたらもう駄目。音が止まります。
しかもヘッドホンを閉じた状態でしか鳴らず、耳にかけようと広げた瞬間にまた音が止まっちゃう!
なにこのデレツンヘッドホン!
っていうか、不良品だよね!?
ということで、いきなり返品しに店に舞い戻る羽目に…むむむ。

店員さんが言うには、「部屋が明るいと赤外線がどーたらこーたら…」
いや、今使ってる赤外線式のワイヤレスヘッドホンは普通に使えてるからー!
…ということで返品してもう少し店回るか、しばらく購入を見合わせようかとも思いましたが
そりゃー店側も察知したんでしょう、「別の商品を…」と持ってきたのがMHP-AV1でした。
せっかくなので仕様の詳細を聞いてみると、赤外線式じゃなくて無線式とのこと。
ということは赤外線と違って、壁があっても、隣の部屋に行っても、トイレに行っても聴こえます。
「何メートル届くんですか?」「30mです」「よし買ったっ!」
めっちゃ簡略化するとこんなやりとりがあったあと、購入したというわけでした。
ただし、最初に買った商品より1万円ほど高くて、予算ギリギリだったんですけどね!

ちなみに、SONYMDR-DS6000も無線タイプです。
店員さんの話聞くとONKYOのほうが用途に合ってそうだったので、こちらに。
今仕様比べてみたら、電池持続時間が短かったり入力端子が少なかったりするね、SONYのは。

さらにちなみに。最初に買ったHP-W1500は天覇新聞にて土屋さんがオススメしてた商品でもあるので、
土屋さんの名誉のためにも「たまたまうちの環境に合わなかった」か「たまたま不良品だった」ということにしておきたいです。

そして参考までに、赤外線式と無線式のヘッドホンの簡単な比較も。

 無線
 ・届く範囲は本体から30m、360°どの方向でもOK! 壁があろうが関係なし。家中、っていうか外でも聴けそう。
 ・自宅で使うなら問題ないけど、無線LANが飛びかっている職場だと混線を起こすかも。
 ・電池持続時間が赤外線式に比べて短い。およそ半分の時間しか持たない。

赤外線
 ・届く範囲は本体の正面側12mくらいまで。壁はもちろんちょっとでも障害物があると音が途切れる。
 ・プラズマTV画面の近くで使用すると、ノイズが発生する。また部屋が明るすぎると赤外線光が届きにくいことも。
 ・電池持続時間は無線式に比べて長い。およそ倍の時間持つ。

それぞれ長所と短所がありますが、やっぱり音切れの心配がほとんどなく自由に動ける無線式は魅力的。
ただ、音質やかけた時の耳への負担などは実際に実物を見て、着用して、聴いてみないことにはわかりません。
個人差ありますからね、そこは。
私のように購入時に失敗しないように、使用する環境と合わせてよく吟味して買うことをお勧めします~。

さてそれでは、実際の使用感に…といきたいんですが、長くなったので次回に持ち越しちゃおっと。

<< サラウンドヘッドホン  【BACK TO HOME】  3周目進行中! >>


◆ コメント ◆

「」


むぅ。ヘッドホンですか。
こういう音回りは興味ないことはないですが、拘るときりがないですし高いのは買わないようにしていますw
大体一万円くらいのスピーカーで我慢w
ヘッドホンもイヤホンもあんまり好きではないってのはありますが。
まぁ通勤通学の途中でiPOD使う分にはいいんですが、大きなボリュームで流して~だと、
耳元で音が鳴る感覚がつらいのですよね。
ではー。


「」


ええ、ほんとにキリがないです。
以前使ってた(数年前の当時ですら)数千円クラスの普通のヘッドホンで十分いい音出ましたからね。
興味があったのでつい買ってしまいましたが。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。