アルトネリコ2考察メニュー

  •  クリックで開閉 →   OPEN

かうんた~

ブログ内検索

 

プロフィール

dony

Author:dony
何処かに生息している珍獣です。

カテゴリ

最近の記事・コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。 banner
バナーご希望の方はこちら↑

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2010
© 2010 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2007
© 2007 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ・アトリエシリーズ」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2006
© 2006 NBGI

ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

ガストゲームズサポーターズリンク「ロロナのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

グリオットの眠り姫
導きのハーモニー
□■ アルトネリコサーチ ■□
無料オンラインRPG「シルクロードオンライン」
© 2005 JOYMAX All Rights Reserved.
© 2005 GAMEON.CO.,LTD.

飛天online
©2003-2006 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania
Digital Entertainment Co., Ltd.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が紡ぐ約束

『スピカ~心が紡ぐ贈りもの~ Ar tonelico hymmnos musical』

の紹介記事です。考察記事ではないので、そのまま日記スペースに。

この記事のタイトルですが、別に誤っているわけではなくて。
このCDと対になる『クレア~そよかぜの約束~Ar tonelico hymmnos musical』の記事を書いた時に
記事のタイトルを「そよかぜの贈り物」にして書いたんですよね(確認はこっち
「ああ、このCDは良い贈り物だったな~」という意味をこめて。
もちろんその当時、スピカCDは発表すらされてなかったはずで。偶然そうなっちゃったと。
なので、今回のタイトルはそれをひっくり返してみました。

前置きはさておき、さっそくレビューに参りますー。
発売からかなり経っているので注意書きは必要ないかもしれませんが、CDの内容のネタバレを含みます。念のため。

 
まずはかるーく箇条書きスタイルで。

・イリヤにカリヨンオルガニート渡したのって…クルシェ、だよね?
 - 100万リーフとか言ってるし。Castにクルシェ役の声優さんの名前あるし。
 - まぁ、ラストでスピカによってそれとなく明かされるんですけどね。

・後ろ髪をおろしたままで、両サイドだけ三つ編み = シンガーエンジェル
 - 笑いましたw 髪の色が同じだからなおさら…。

・トランキライザーを作ろう!
 - ゲームの設定によると…確かにネモにしか売ってないね。
 - 「にょ?ギモ」ゲット! かと思ったら普通に分けてもらうのね、楽団に。

・アイギル面白すぎ
 - スピカを馬車に乗せる時は思いっきりヒールで手を踏まれるし
 - 馬車から降りる時はいい所をディアンにもってかれて悔しがるし
 - とどめは「アイギルおじちゃんも気をつけてねー!」「…お兄さんと呼べー!!(フェードアウト)」

・相変わらずトゲトゲしてる天覇時代のクレア
 - 美人って言われてるけど…あれ、何才?(下記)

・リルラ登場なのだー!
 - のっけからアル兄ぃの(一方的な)のろけ話ですか!?
 - スピカとリルラの出会いのシーンが、明らかに
 - テレポートは首から下げてる鏡を使うらしい

・みとせさんはジェミー役
 - 攻撃系詩魔法はやっぱりカッコいい

・も、もしもしスピカさん…
 - 詩魔法くらったあと、人格変わってますよ?

・「あの」合言葉を、最初に言ったのは…
 - イリヤだったんですね


以上、ざっと並べてみました。
ここからは、もう少し掘り下げた話を。


■これ、いつ頃の話?
冒頭のスピカのセリフによると、7年前の話。
ゲーム(1の時点)でのスピカは25才。クレアは20才。クルシェは15才。
さらに、クレアCDの話の中に登場するクレアは、本人のセリフからすると14才くらい。
スピカCDの話は、クレアCDの話よりさらに過去の話のはずなので…。

冒頭のアヤノ社長との会話がエンディングの後日談だとして、1年くらい経過していたとしても、

スピカ 18~19才  クレア 13~14才  クルシェ 8~9才

の頃の話ということになります。
そうすると…けっこう大変な事実がわかります。

まず、スピカは特に問題ありません。むしろ設定資料集に収録されてる話にある子供時代のほうが凄い。

次にクレアは…13~14才!?
通常、レーヴァテイルとしての能力が発現してダイブ可能になる年齢は13才前後です。
それなのに既にこれほど強力な詩魔法を紡いでいて、しかも単独行動してるなんて…さすがクラスBということですか。
しかも、その年齢で「美人」と呼ばれてるあたり、レーヴァテイルとしても女性としても相当早熟だったんじゃないでしょうか。

そしてクルシェは、8~9才ですでにグラスメルクしてる!?
一体ルークとの出会い、そして別れは何才の時の話なんでしょうか。


■詩
ヒュムノスミュージカルなんですから、この話に触れないわけにはいきません。
オープニングあり、詩魔法各種あり、楽団の詩あり、またまた難しい設定の詩ありと、色々な詩が登場しますが
一番印象に残ったのは、エンディング「裏路地の女王」でした。
妖しい裏世界の女王、スピカがうまく表現されてます。
そして、ちょっぴり懐かしい感じのするジャズチックなサウンド。これまでのアルトネリコにはあまりなかった曲ですね。

それにしても、石橋優子さんの引き出しの多さには毎回驚きます。
クレアやレイシャが歌う優しい感じの曲があるかと思えば、ルミナスディフェンスのように強い曲調もある。
かと思えばハイバネーションはいかにも眠そうなフレリア様が謳っているようでしたし、
今回のCDではスピカの妖しい感じをしっかりと表現しています。

歌姫さんたちの紹介記事でもそんなことを書きましたが、石橋さんはまだまだいろんな側面を持った歌手なんだろうな、と思います。

<< 残りのエンディングも  【BACK TO HOME】  スいまセン、聞イテませんデシタ >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。