アルトネリコ2考察メニュー

  •  クリックで開閉 →   OPEN

かうんた~

ブログ内検索

 

プロフィール

dony

Author:dony
何処かに生息している珍獣です。

カテゴリ

最近の記事・コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。 banner
バナーご希望の方はこちら↑

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2010
© 2010 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2007
© 2007 NBGI
ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ・アトリエシリーズ」公式サイトはこちらへ! © GUST CO.,LTD. 2006
© 2006 NBGI

ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

ガストゲームズサポーターズリンク「ロロナのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!

グリオットの眠り姫
導きのハーモニー
□■ アルトネリコサーチ ■□
無料オンラインRPG「シルクロードオンライン」
© 2005 JOYMAX All Rights Reserved.
© 2005 GAMEON.CO.,LTD.

飛天online
©2003-2006 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania
Digital Entertainment Co., Ltd.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がおベルタン メニュー

※このコーナーでは、不肖donyがクロア役になりきって展開します。
 皆様焦らず騒がず怒らず、生暖かい目で見守ってくださ~い。


空猫『お帰りなさいませ~ご主人様…えへっ』
dony『…なぁ。なんか店名が変わってるんだが…。一体どうしたんだ?』
空猫『いつまでも支店のままなのもどうかと思って、のれん分けしてもらったのよ』
dony『そうだったのか。……で、店名以外に何か変わったことはあるのか?』
空猫『特に何もないわよ』
dony『それじゃ、名前が変わっただけじゃないか。まぁ、いいけどな』
ルカ『空猫、新装開店おめでと~! 兼業だけど、またよろしくねっ』
空猫『きたわね、先輩! それじゃあ、さっそく始めるわよ! …コホン』

空猫『いらっしゃいませ。まずはメニューを見てね』
 1 液ようかん 2 トルーリーワース汁
 3 ヤキトリシェイク 4 アイスクリーム丼
 5 ジャクリシチュー 6 ジャクリドリンク
 7 オボンヌ粥 8 和流焼菓
 9 夢見る乙女のぶぶ漬 10 シャロン・ド・トロワ
空猫『記念すべき10回目ね!』
dony『ああ、そうだな』
空猫『せっかくの記念なんだから、それにふさわしいスペシャル料理を作らなきゃいけないと思わない?』
dony『…いや、特にいつもと変える必要は…。というか、なんだか嫌な予感がしてきたぞ』
空猫『ダメよ、もう決めたんだから。今回はとうとう、アレを作るわよ』
ルカ『アレって、やっぱり、あれ?』
dony『……アレは、液ようかんを作った時に無理だと言ったはずだが…本当にやるのか?』
空猫『当然よ!』
ルカ『大丈夫だよ、あれって高級料理だけど、結構簡単にできちゃうし』
dony『それは、ルカだからな気がするが…。ええい、わかった、作ればいいんだろう、作れば!』
空猫『そうこなくっちゃ!』



★ 過去の扉コントはこの画像の下に移動しました。

調合中…

過去の扉コント

空猫『お帰りなさいませ~ご主人様にゃお~んー』
dony『…なぁ』
空猫『え、何?』
dony『本当にこのコーナー、「考察」に入れてしまっていいのか?』
空猫『あら、うちで作った料理を実際に作って試食してみるんだから、立派な考察でしょ?』
dony『まぁ、確かにそうなんだが…』
ルカ『空猫、きたよ~!』
空猫『先輩! いらっしゃい! それじゃ、さっそく始めましょうか』
ルカ『うんっ!』
空猫『えー、コホン』

■第1回
dony『……』
空猫『どうしたの? なんだか不満そうね』
dony『メニューって、ひとつしかないじゃないか』
空猫『そりゃそうよ。だって、作った分しかないんだもの。それとも、もっと増やしてほしい?』
dony『…いや、そうだよな。あんまり増えないほうがいいのかもしれないよな』
ルカ『なになに? メニューが足りないのなら私が作るよ?』
dony『頼むからやめてくれ…』
ルカ『えー、それってどういう意味なのかな…』
空猫『どのみち、先輩たちが作った分しかメニューは増えないからね?』
dony『ほどほどにお願いするよ』
空猫『それじゃ、今日は何を作るの?』
dony『そうだな…じゃあ…』

■第2回
dony『メニュー、増えたな』
空猫『そうね』
dony『それはいいんだが…「調合中」って何だ?』
空猫『あら、増えたって言っても、2つじゃ足りないでしょ?』
dony『まだ続ける気なのか!? このコーナー』
空猫『当然でしょ?』
ルカ『うんうん! もっとすごい料理作って驚かせてあげるんだからっ!』
空猫『その意気よ! 先輩!』
ルカ『じゃあ、今日は何を作ろっか?』

■第3回
ルカ『とうとう3品目だねっ!』
空猫『少しはお店らしくなってきたかしら』
ルカ『うんうん!』
dony『……』
空猫『あら、どうしたの?』
dony『…なぁ、このコーナー、まだ続けるのか…?』
空猫『あったりまえ…おっと。……当然よ!』
ルカ『まだまだ作ってない料理、いっぱいあるからねっ!』
空猫『そうそう。それに、ゲストを呼ぶ計画だってあるのよ』
dony(…俺はいつ、この地獄から開放されるんだ…?)
空猫『それじゃ、次は何を作るの?』

■第4回
空猫『うーん…』
ルカ『空猫、どうしたの?』
空猫『前回までで3品作ったけど、ドリンクやスープばっかりなのよね』
ルカ『そうだね~』
空猫『メインディッシュがないのは仕方ないとして…。正統派のデザートがないのは許せないわ!』
ルカ『…液ようかんじゃ、ダメなの?』
空猫『ダメに決まってるじゃない! だって…生クリームが入ってないんだもの!』
ルカ『じゃあ、液ようかんに生クリームをトッピングしたりとか~…』
空猫『それでもダメよ! 生クリームがたっぷり入った食べ物じゃないと、デザートとして認めないわ!』
蛇刳『……何やってるの?』
ルカ『あっ、ジャクリちゃん! いいところにっ!』
蛇刳『…外まで丸聴こえよ?』
ルカ『連日の疲れで空猫が暴走してるのっ! なんとかしてっ!』
蛇刳『…生クリーム、だったかしら?』
ルカ『うんうんっ!』
蛇刳『だったら、アレしかないわね。アレを作るわよ』
ルカ『ほ、ほら、空猫、落ち着いて! コーナー始まっちゃうよ!』

■第5回
空猫『んー、デザートは増えたけど、結局メインディッシュはないままね』
dony『そうだな』
空猫『やっぱりこれじゃ、レストランとしてはちょっとマズイわよね』
ルカ『うんうん』
空猫『こうなったら今度こそ、メインになるものを作るしかないわね!』
ルカ『でも、何作るの? …あ、シャロン・ド・トロワとか!?』
dony『……い、いやそれは……。…あっ、そうだ! ちょうどいいのがきてたんだった!』
空猫『…無理矢理シャロン・ド・トロワから話し逸らせようとしてない?』
dony『そ、そんなことはないぞ。…ほ、ほら、これだよ』
ルカ『え、何々? ……』
蛇刳『…………。ふぅん、何かと思えば…』
ルカ『って、わ、ジャクリちゃん、いつのまにっ!?』

■第6回
空猫『さて、これでようやくメインディッシュもメニューに並んだわけだけど…』
dony『……まさか、まだ何か足りないものでもあるのか?』
空猫『そうじゃなくて…。なんだかやけに飲み物とか汁物が多くない?』
ルカ『あ、ほんとだね』
dony『…ああそれは、汁物なら失敗が少ないんじゃないかと思ってな』
空猫『得意なの?』
dony『…いや、得意というわけでもないが…』
蛇刳『…………。ふふ、いいことを聞いたわ』
dony『…なっ! ジャクリか、また突然に。驚かすなよ…』
蛇刳『そんなに得意なら、アレを作ってもらうしかないわね』
dony『あ、アレって、まさか…』
蛇刳『そう、アレよ。ちなみに拒否権はないから』
dony『なんでそうなるんだよ……』

■第7回
dony『……うーん……』
空猫『あら、どうしたの? 何か考え事?』
dony『いや何、そろそろ再現できそうなレシピが少なくなってきたな、と思ってな』
空猫『そうねぇ…。焼き菓子とかは作るの難しそうだものね』
dony『そうなんだよ。あとは材料が手に入らないか、作り方すら謎な料理ばかりだからな』
ルカ『謎じゃないよ。ミラクルだよ。ところで、お菓子といえば…』
空猫『そうそう! この間テレモの番組で聞いた、あれを作ってみるのはどう?』
dony『あれか…。サンプルはないが、想像で作れないこともなさそうだな』
空猫『じゃあ、決まりね!』
ルカ『でも、あの材料ってすっごく高くなかった?』
蛇刳『そういうこともあるかと思って、呼んできたわ』
dony『…また突然現れたな。で、呼んできたって誰をだ?』
??『あらあら、お高いあの材料ときて誰だかわからないなんて、穏やかじゃないわね』
dony『そ、その声は!』

■第8回
dony『メニューの数もかなり増えてきたな』
空猫『そうね。…でも、まだ足りないものがないわけじゃないわ』
dony『ん? 例えばどんなのだ?』
空猫『テイクアウトよ! 歩きながら食べたり、持ち帰ってお土産にできるようなメニューがないのよ』
dony『…テイクアウトのレシピで作ったのって、高速回転おにぎりソーダインバーガーじゃなかったか?
    あれはどうやっても絶対無理だぞ』

空猫『それじゃなくて、ちゃんと“普通に”作れそうなものがあるじゃない』
dony『…ああ、あれか。なるほどな』
ルカ『…なんだか、さりげなく酷いこと言われてるような気がするんだけど…』
空猫『そんなことないわ! 先輩の料理の腕は誰にも真似できないってことよ!』
ルカ『そ、そお? それならいいんだけど。えへへ』
dony(…あえてツッコミは入れないほうが…いいか)
さー『こんにちはです。材料のお届けに来ましたですー』
dony『あれ、さーしゃじゃないか』

■第9回
空猫『メインディッシュ、ドリンク、テイクアウトはある、あとはー…』
dony『お、次のメニューでも考えてるのか?』
空猫『ええ、そうよ。うーん…そうだわ! サイドメニューがあるといいわね!』
dony『サイドメニューか。何かいいレシピあったっけな』
ルカ『それなら、ちょうどいいのがあるよ。ほら、これ』
空猫『確かにこれならサイドメニューになるわね』
dony『…そうだ、ちょっと思いついたことがあるから、作るのは今度にしないか?』
ルカ『いいけど、どうしたの?』
dony『いや何、ゲストを呼ぼうと思ってな』

― 数日後 ―

シン『クー君! 会いにきたよ!!』



メニュー(トップページ)に戻る

                                                        最終更新:2008/4/18
↓記事の順番を整理するためと、通常日記と分離するために、
↓考察や紹介の記事は基本的にゲームの発売日に日付を合わせて投稿されております。

<< お役立ち情報(デュアルストール編・その2)  【BACK TO HOME】  『液ようかん』を作ってみよう~ >>


 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。